夜泣きする赤ちゃんを落ち着かせる方法とは?原因がわかれば泣きやむ!! 

広告

赤ちゃんの夜泣きはママもパパも疲れちゃいます・・・
ママは日ごろの育児の疲れから寝たいのに眠れないストレス、パパは仕事で疲れているのに夜泣きで起こされてしまうストレス

赤ちゃんに悪気がないだけにどこにストレスをぶつけたらいいの?てなりますよね
私も経験があるので気持ちは良くわかります。

赤ちゃんの気持ちが少しでもわかれば夜泣きも落ち着かせることが出来るかもしれません
赤ちゃんの夜泣きで疲れてしまう、ご両親の少しでも解消になればうれしいですのでご紹介していきますね。

赤ちゃんが夜泣きする10の原因がある!!

 <赤ちゃんの夜泣きの原因と落ち着かせる方法とは?>

1.お腹が空いている

母乳もしくはミルクをあげる

おっぱいをくわえるだけで、寝るときもありますが
お腹がいっぱいなのか、お腹がはっているのかが、わからないですよね。ミルクをあげたらあげただけ飲んでしまうこともあります。
飲ませすぎて吐いてしまうと着替えさせたり大変ですが、飲ませて見るのも手です

2.オムツが汚れている

オムツを変える

オムツをかえるときお尻拭きが冷たいと起きてしまうので私はお尻拭きを息で温めたり、お尻拭き保温器などを使い、オムツ交換をしていました。
ただ、お尻拭き保温器は電気代もかかるため気をつけましょう

起こしたくないときはお尻拭きを使わずおしオムツだけ変えるというのも手です。

3.室温があっていない

窓を開けたりエアコンを使って室温調節する

お布団をかけて温度調節もありますが、お布団が重いとかお布団が邪魔だと思っているときもあるかもしれないですね。ママが寒がりだとどうしても子供にも温かくしちゃいますけどね
赤ちゃんは体温が高いので、私の子供もよくタオルケットでもけってしまって嫌がってました

4.睡眠サイクルの乱れ

朝は早めに起こし、夜は早めに部屋を暗くする

(よく寝てくれるほうが家事も出来るし、自分のこともいろいろ出来るし、ママさんにとっては寝てくれているほうがいいですし、起こしたくないですよね。私も同じ気持ちです。でも、お昼になるべくお散歩にいって太陽の光を浴びるようにしているほうが夜はぐっすり寝てくれるような気がします。)

5.さみしさや不安

添い寝をする

(添い寝をするのが、赤ちゃんのためにはさみしさや不安も解消できていいとは思いますが、一緒に寝ると赤ちゃんを踏んだりしてないかとか気にしてしまいママがゆっくり寝られないですよね。

私は別々で寝て、泣いたときになるべく早めに赤ちゃんに体をくっつけて添い寝しているようにして、落ち着かせていましたよ。

抱っこしたり、体をトントンとして落ち着かせることもしていました。)

6.体がかゆい

体を全体さすってあげる

(体がかゆいのは赤ちゃんに限ったことではないですよね。

大人でも背中がかゆくなったりして人にかいてもらうこともあるように、赤ちゃんも体がかゆいときもあると思います。どこがかゆいのか伝えられない分、私は体全体をさすっていました。

スキンシップにもなるし一石二鳥という感じでしょうか。笑)

7.寝る直前までテレビをつけている

寝る前1時間前にはテレビは消すようにしましょう

(子供だけではなく、大人でも同じで、発光するディスプレイは脳を覚醒させてしまいなかなか眠れなくなってしまい、ぐっすり眠れなくなってしまいます。)

8.体調不良が原因

かかりつけの医師へ相談しましょう

朝から夕方までの赤ちゃんの様子と違うなど、少しでも違和感がある場合は医師へ相談したほうがいいですね。
ミルクも飲ませたし、オムツもかえたのになぜ泣いているのかと不安になるかもしれませんが、実は体調が悪かったなんてこともあるかもしれません。

泣いていると不安になったり、イライラするかもしれませんが、赤ちゃんの様子をみてあげると体調が悪いのかもしれません。

9.ママのイライラ

ママが一呼吸置いてみる

(ママさん達は日ごろの育児におわれて夜泣きまでされるとゆっくり休むことも出来ずにイライラしてしまいますよね。よくわかります。ただ、そんなイライラが子供は敏感に感じてしまいます

育児は子供のことに頑張れば頑張るほど、疲れてしまいますよね・・・

夜泣きをされてイライラしたときは一呼吸置くためにも一度赤ちゃんのいるお部屋から出て一呼吸置くのもいいと思いますよ。私も夜泣きで疲れていたときに助産師さんに教えていただきました。
今思うと赤ちゃんが泣いていると、どうしても焦ってしまい、冷静な判断ができなくなってしまって少しパニックになっていたのだと実感しました。)

10.日中刺激になるようなところに行かない

公園など落ち着いた場所に行く

赤ちゃんは夜寝ているときに、日中の記憶が思い出されて夢を見てしまい、不快に感じたことを思い出して泣いてしまうことがあります。

いろんな場所に連れて行って楽しませてあげたい気持ちもわかりますが、なるべく落ち着いた場所につれて行ってあげてリラックスさせてあげるのがいいと思いますよ。

最後に

赤ちゃんが寝ているときに家事をしたり、育児をしているとどうしてもゆっくり出来るときは、なかなかないですよね。
買い物も赤ちゃんを連れて行くと泣いたりされてゆっくり買い物も出来ないですし、独身の時にはできていたことが出来なくなってしまって、自分自身の事は後回しになっちゃいますしね
これを機に、赤ちゃんの夜泣きが少しでも落ち着いてくれるとうれしいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告