チャイルドシートはいつからいつまで着ける義務があるの?違反になった場合はどうなるの?

広告

ご存知かと思いますが赤ちゃんから幼児までを連れて車でお出かけする時、チャイルドシートを装着しなくては法令違反となります

でもチャイルドシートも種類がいっぱいでどう選んでいいかわからない!

そんな方に、今回はチャイルドシートの選び方のポイントはこちらです!

チャイルドシートは絶対必要?法律ではどんなふうに決まっているの?

チャイルドシート

道路交通法(第71条の3第4項)により、チャイルドシートの着用が義務付けられています。

チャイルドシートは交通事故の被害から幼児を守ります。
幼児を自動車に乗せて運転する時は必ずチャイルドシートを使用しましょう。
自動車の運転者は、チャイルドシートを使用しない6歳未満の幼児を乗せて、 運転してはならないことが決められています(道路交通法第71条の3第3項)

道路交通法第71条の3第4項:自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない。

引用元:警視庁「子供を守るチャイルドシート

義務年齢は何歳から何歳まで?

いつから いつから 年齢以外の条件
0歳以上 6歳未満 140cmに満たない

チャイルドシートは幼児は必ず使用しなければいけませんが道路交通法での幼児の定義は「6歳未満の者」となっています。

ただし、車に付いている通常のシートベルトは140cm以上の体型を対象に作られているため、6歳を超えても身長が140cmに満たない場合はチャイルドシートの使用を継続していきましょう

違反した時の罰則や罰金は?

違反をすると、座席ベルト着用義務違反と同様の違反点数が1点加算されます。罰金は発生しません。

罰金ではなく違反点数ですのでゴールド免許の方もしくはゴールド免許になる予定だった方はブルー免許になります。

チャイルドシートの着用が免除される場合とはどんな時?

疾病や、やむを得ない理由がある場合はチャイルドシートの着用が免除されます。

その具体的な例は以下のとおりです。

  • 車の構造上、座席にチャイルドシートを固定できない車両の場合(幼児専用の座席になっている幼稚園・保育園の送迎バスなど)
  • 乗車定員の範囲内で乗車させる場合に可能な限りチャイルドシート設置しても子どもの人数に足りない時、チャイルドシートを使用できない幼児については使用義務を免除
  • 股関節脱臼や皮膚炎がひどい場合など、チャイルドシートの着用が療養上適さない時
  • 体が大きすぎてチャイルドシートのサイズが合わず、適切にチャイルドシートを使用することができない場合
  • 授乳やおむつ交換など、チャイルドシートをしたままではできないお世話を行う時
  • 路線バス、貸切バス、タクシー・ハイヤーなどに乗る時
  • 深夜、幼児の急な病気で自家用車を使用して病院に向かうなどの緊急を要する場合
  • 事件や事故、迷子である幼児を保護して交番等に搬送するなどの緊急を要する場合
  • 6歳未満でも身長が140cmを超え、シートベルトの着用でも安全が確保できる

チャイルドシートはいつからいつまで必要?

ジュニアシート

チャイルドシートは産まれてすぐの新生児から必要になります。産院で出産後、退院時に自家用車を使用するのであれば、あらかじめチャイルドシートを装着しておきましょう。

法律ではチャイルドシートは6歳までの使用義務となっていますが、年齢や身長・体重に応じて3つの種類に分けられます。

シートの種類 年齢 目安
ベビーシート(乳児用) 新生児から1歳くらいまで 身長70cm以下、体重10kg未満が目安
チャイルドシート(幼児用) 1歳から4歳くらいまで 身長65kg100cm以下、体重9kgから18kgまでが目安
ジュニアシート(学童用) 4歳から10歳くらいまで 身長135kg以下、体重15kgから36kgまでが目安

※製品ごとに使える年齢や身長・体重制限は異なってきます。

新生児から幼児まで使えるチャイルドシートもありますし、1,2歳ごろから使用できるジュニアシートもあります。通常は、新生児から幼児まで使えるチャイルドシートをまず購入し、次に2歳頃か、1人目の子が1歳を過ぎて2人目の子が生まれたくらいのタイミングでジュニアシートに買い換える方が多いようです。

チャイルドシートを使わなかったために死亡事故が発生しています

子どもを乗せた車が大事故 チャイルドシートの重要さを語る父親に称賛

他にはツイッターになりますがチャイルドシートをキチンと使用していたから赤ちゃんが無事だった話や

つい最近も北海道で1歳の赤ちゃんがチャイルドシートを使っていない状況だったため車外に放り出された衝撃で死亡する事故が発生しています

防犯カメラで見えた”猛スピード” 父親 飲酒運転 1歳児死亡 カラオケ店で3人酒18杯 札幌市

車にはチャイルドシートが設置されていましたが、叶多ちゃんは後部座席にいた知人男性に、抱っこされていたとみられています。

チャイルドシートは法律で6歳未満の乳幼児の着用が、義務付けられています。

赤ちゃんの事を思うならキチンとチャイルドシートを使用しましょう

チャイルドシートを安全に使用するポイント

後部座席に使用して助手席には使用しない

チャイルドシートの注意事項を読むと分かりますが「助手席には使用しないで下さい」と書かれています
これは最近の車には標準装備されているエアーバッグが関係していて、助手席にエアーバッグを付けていた場合にはそのエアーバッグが原因となって赤ちゃんに強い衝撃を与えてしまうからです。

これはジュニアシートも同じく危険ですのでキチンと後部座席に設置してあげましょう。

抜け出せないようにキチンと締めてあげる

実際に使用してみると分かりますが1歳を超えたぐらいから赤ちゃんは上手にチャイルドシートから抜け出そうとします
一番怖いのは抜け出そうとしていることに気が付いて落下しないように意識がそちらに行ってしまって誤ったハンドル操作をしてしまうことにより事故を起こしてしまうことです。

この状態ですと赤ちゃんはチャイルドシートからキチンと拘束されている状態でないので最悪外に放り出されてしまいます。

服装によって締め付け状態が代わりますので抜け出すことが出来ない状態になっている事を確認しておいて、赤信号などで止まった時など定期的に赤ちゃんの状況を確認しましょう
もし抜け出して居た場合はあせらずに安全な場所で路肩に止めてから救出してあげましょう

チャイルドシートを選ぶ時のポイント3つ!

1.子どもの年齢・体格に合ったチャイルドシートを選ぶ!

前述したように、チャイルドシートには乳児用、幼児用、学童用と子どもの成長に合わせてサイズや構造の異なるチャイルドシートが販売されています。年齢や体型に合ったチャイルドシートを選んでいきましょう!

可変式のものであれば、新生児のうちはシートを倒してベッドのように使い、幼児になれば背もたれを起こして前向きにして椅子として使うことで新生児から幼児まで長く使っていくことができますよ。

こちらは新生児?48ヶ月頃まで使用できるアップリカの回転式チャイルドシート。用途や成長に合わせてベッド型、イス型と背もたれの高さを変えることができます。回転式なので乗せ降ろしも楽!

2.車に取りつけできるものか確認を!

チャイルドシートは思ったよりも大きいため、車によっては付けられる場所が限られていたりします。また、取り付け方が簡単であるかもポイントです。意外と多いのが、奥さんが買い物時にチャイルドシートが外れてしまってうまくつけることができないことです。旦那さんだけが取り付けの方法を知っているのではなく、どちらも対応できることが大切です。

こちらは新生児から4歳頃まで使用できるConbiさんのチャイルドシート!軽くてコンパクトで取り付けも簡単にできます!選べる7色のスイーツカラーもかわいいですよ!

3.コストパフォーマンスのよいものを!

できる限る、値段と機能のいいものを選びましょう。子どもの命はお金では買えないものなので、それを守ると思えば安いものです。安全性の高いチャイルドシートを選びましょう。

とはいえ、良い物を少しでも安く買うために、店頭やインターネットで価格を見て比べられることをオススメします!

こちらはシートベルトやエアバッグなど、世界のクルマの安全装置をつくる専門メーカー「タカタ」のチャイルドシートです。安全装置という視点でつくられたチャイルドシートなので、包み込むように守るサイドガードやしっかりロックなど安全性に優れています。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告