Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

妊娠中のタバコが原因で早産や流産のリスクは高まります!胎児へ病気などの悪影響はあるの?

タバコを吸う妊婦
広告

タバコは好きな方はなかなか禁煙出来ないですよね。赤ちゃんが出来て妊娠が分かった時に「禁煙しなければ!」とは思いますがそう簡単に止められないという人も多いかと思います。

でも妊娠すると、タバコを辞めなければいけませんが、どうしてやめないといけないのかご存知ですか?

喫煙者の方は、妊娠したからと言ってタバコをすぐにやめるのは難しいですよね。

しかし、妊娠中の喫煙は胎児に悪影響を及ぼすんです!

早産や流産のリスクが高まる?
妊娠中だけでなく、赤ちゃんの一生を左右する!?

今回は、妊娠中の喫煙による胎児への悪影響についてご紹介いたします。

タバコの影響ってどんなのがあるか知ってますか?

妊娠中のお酒やタバコが胎児に対して悪影響があるのは皆さん知っていることかと思いますが、実際にどういう理由でどういう問題があるのかと言われると「あれ?なんだろう」と考えてしまったりしませんか?

そんなママのためにタバコの影響がどういう風にあるのか、どのぐらいあるのかをご紹介します。

妊娠中の喫煙による母体への悪影響

妊娠すると、生活のありとあらゆるものによる胎児と母体への影響が気になるようになります。

その中でも、タバコの害は胎児にも母体にも悪影響を及ぼすのをご存知でしょうか。

どのような悪影響なのか、一緒にみていきましょう。

母体の血流悪くなる

タバコを吸うことで、ニコチンや一酸化炭素などの有害物質の影響で、母体の血管が収縮します。

また、一酸化炭素は血液中の酸素を運ぶヘモグロビンと結合してしまうため、体内に必要な酸素が十分に運ばれなくなってしまうんです。

そのため、子宮などのに血液がいかなくなってしまうことから、胎盤の機能が低下してしまうこともに繋がってしまいます。

胎盤の状態は、胎児に直接影響を与えてしまうので、喫煙することによって胎児の発育に大きな悪影響を及ぼすことが考えられます。

子宮外妊娠(異所性妊娠)

日本産婦人科学会によると、「妊娠中の喫煙は受精卵が子宮内膜以外の場所に着床してしまうリスクを約2倍に高める」と明記しています。

日本産婦人科学会 ママ、たばこを吸わないで!産婦人科の立場から

子宮外妊娠の場合、妊娠の継続が難しいことから、薬や手術で胎児を取り出す必用があります。

早産・流産

タバコを吸う妊婦は、吸わない妊婦と比べて早産のリスクが27%高いということが分かっています。

また、タバコの本数が増えるごとに、早産率も平行して上昇します。

早産以外にも、分娩前に胎盤は剥がれてしまう「常位胎盤早期剥離」や、胎盤の位置が低く、子宮の出口を塞いでしまう「前置胎盤」の頻度が多くなり、自然流産のリスクも高くなります。

妊娠中の喫煙にとる胎児への影響

妊娠中の喫煙は、早産や流産など母体に悪影響があることが分かりました。

では、胎児へはどのような影響があるのでしょうか。

先天性異常

妊娠中の喫煙は、一酸化炭素やニコチンなどの有害物質による影響から、胎児に十分な酸素や栄養が届けられなくなります。

また、DNAの損傷や奇形の恐れがあることから、胎児の内臓の成長に異常が生じたり、口唇口蓋裂や先天性奇形・手足の欠損などが起こるリスクが高くなります。

低出生体重児

喫煙による母体への影響で説明したように、喫煙は血行を阻害してしまうため、子宮へ必要な酸素や栄養が届けられなくなります。
そのため、胎児発育不全の重症度が高くなり、赤ちゃんの体重が足らなくなってしまうんです。

赤ちゃんの出生体重が軽ければ軽いほど、出産後の赤ちゃんの死亡率が高くなります。

また、阻害された血流は、赤ちゃんに必用な免疫力も届けられなくなってしまいます

そのため、以下のような合併症が起こりやすくなります。

<喫煙による胎児への合併症>

  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)
  • 新生児仮死
  • 呼吸窮迫症候群
  • 低血糖
  • 無呼吸の発作
  • 肺の疾患
  • 強い黄疸 等

胎児へのタバコの影響

タバコを吸う妊婦

妊娠中のママがタバコを吸った場合にはニコチンや一酸化炭素が体内に取り込まれます。ニコチンは血管を収縮させるので体内の血流が悪くなります。血流が悪くなると本来では赤ちゃんに届けることが出来る血液内の酸素が不足するようになり、赤ちゃんに悪影響が発生します。

最悪な場合、死産や流産などが行ったり、他には早産などで低体重児になったりします。

タバコの副流煙で起こる影響

主流煙:タバコを吸っている本人が吸う煙

副流煙:タバコを吸っている本人じゃない別の人が吸う煙

タバコを吸っている本人はフィルターを通して煙を吸い込んでいるので有害物質は軽減されていますが副流煙を吸う人はフィルターがかかっていません。なので主流煙に比べて副流煙は数十倍の有害物質を含んでいると言われています。

タバコを吸っている本人が受ける健康被害より副流煙の方がより酷い状況になる事がわかりますよね。ママ本人がタバコを吸わない人だったり禁煙をした場合にでもパパが喫煙者の場合にも赤ちゃんへの影響が発生します。

ただし、パパの場合は煙をママの近くで煙を発生させなければいいというのもあるので常に離れたところで吸うという対処法があります。

実は乳幼児突然死症候群の原因であるタバコ

元気に過ごしていた赤ちゃんが突然死亡してしまう恐ろしい乳幼児突然死症候群(SIDS)、うつぶせ寝をさせた場合に発生してしまう事が多いと言われていますが実は大きな要因にタバコが挙げられています。

過去の研究により両親がタバコを吸う場合と吸わない場合で発生率の違いを確認しており、なんと吸う場合と吸わない場合で4.7倍の差があったようです。

妊婦の禁煙に関する情報

これらの問題があるので旦那さんは元より妊婦の方は禁煙を行った方がいいかと思います。

実は妊婦の人で喫煙者って約20%もいるんです、20%ということは100人いれば20人が喫煙者です。ただしこの20人からどれだけの方が禁煙出来たかというと半分以上の人が禁煙に成功したようです。

かわいい赤ちゃんのためにもこれからの将来の健康のことを考えてもいい機会だと思って禁煙を思い切って行ってみるのもいかがでしょうか?

発達障害など妊娠中の喫煙は赤ちゃんの一生を左右する

妊娠中の喫煙は、おなかの中に居る時だけでなく、生まれた後の成長過程の中でも影響を及ぼすことが分かっています。

最近増えている「注意欠如多動性障害(ADHD)」などの発達障害や、言葉の発達、認識度の低下などの影響も、妊娠中の喫煙によって起こります。

妊娠中の喫煙によって、身体の様々な器官に酸素や栄養が足らなくなり、それによって成長の過程で大きな疾患が見つかることも少なくありません。

また、産後の子宮がんの発症率も。タバコを吸う人は吸わない人と比べて約1.6倍になるとの報告もあります。

厚生労働省 / e-ヘルスネット「喫煙とがん」

まとめ

妊娠中に喫煙してはいけない理由は・・・

  1. 母体の血流が悪くなることで、胎児に様々な悪影響があるから
  2. 子宮外妊娠の確立が高くなるから
  3. 早産・流産の確立が高くなるから
  4. 胎児の先天性疾患や低体重のリスクが高くなるから
  5. 発達障害や言葉や行動の認知力低下に繋がるから
  6. 産後の子宮がんのリスクが高くなるから

妊娠中は、絶対に喫煙してはいけません!
妊娠中の喫煙は、妊娠期間だけでなく、赤ちゃんの一生を左右する影響が産後に起こるリスクが高まります。

妊娠中に喫煙している妊婦の方は、今一度赤ちゃんの将来について考えて見ましょう。

また、妊娠していなくても妊娠を望んでいるなら、今の内に禁煙しておくことをおすすめします。

妊娠期間中の不安やリスクを少しでも減らすために、早めにタバコとは縁を切るようにしましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。