家事はストレスの原因!?電化製品で時短すべし!育児生活で2児のママである私が実際に買ってよかったと思った家電5つを紹介します!

広告

産後の育児はとにかく大変!授乳やおむつ替え、沐浴はもちろんのこと、時間を問わず泣き出す赤ちゃんを抱っこしてあやしたりしていると、自分のご飯を食べるタイミングを逃したり、家事が思うようにできなかったりするんです!

じゃあどうすればいいのか?時短が出来る家電のチカラを借りましょう!!

ワタシが実際に使ってみて「これは便利!絶対使ったほうがいい!!」そんな風に思った便利家電があります!

1.食洗機

3万から5万近くはするお高い物なので購入をためらいますが(実際我が家はかなり迷いました)、これは本当に買ってよかった!!

食器洗いは毎日のことですし、新生児のお世話中は赤ちゃんから目を離すことが怖くてなかなか長時間台所に立つということが難しいのです。食洗機だと洗い物もまとめて短時間でできるので育児の合間ササッとすませることができます。

また、私の場合は手荒れしやすい肌なので、水や洗剤を使う量が減り、手荒れすることがなくなって助かりました。手荒れがひどい時は軟膏で手もベタベタになるし、時にはステロイドまみれのそんな手で赤ちゃんを触れませんものね。

離乳食が開始になってからは、子どもの分の食器数も増えたし、さらに兄弟が増える予定もあるので、今後ますます食洗機に助けられそうです。

2.自動掃除ロボット

我が家ではルンバを購入しました!これも本当に便利です!

音がうるさいといいますが、実際ルンバは外出時にしか使用しません。

自宅で子どもと過ごしている時にまず掃除機なんてかけられません!!赤ちゃんがいる時に掃除機をかけたらホコリが舞って体によくないし、赤ちゃんがベビーベッドで寝ている時でも掃除機の音で起きて泣き出してしまいます。新生児の頃はとにかく目が離せないので、赤ちゃんから離れて部屋中掃除なんてのも難しいです。

「我が家ではルンバをかけると2歳の長男は怖がって泣いてしまい、1歳の次男はルンバに近寄ってバンバン叩き始めます・・・なぜ??」

出かける時にスイッチひとつで起動し、外出中に掃除をしてくれてたら、音も手間もかからず、掃除が終わってしまいます。これも高い買い物ですが、育児のストレスや苦労、家事の頻度を考えると、長く使えるものですし、買って損はなかったかなと思います。

ちなみに最新式ルンバはスマホアプリで遠隔起動できるし、起動状況・時間をアプリで確認もできます。子どもが過ごす場所ですから、こまめにお掃除はして綺麗な環境にしておきたいですよね。ルンバがきて我が家はかなり助かっています!

3.電気ケトル

ウォーターサーバが無い家庭では電気ケトルはもう育児の必需品といってもいいんじゃないでしょうか!?

粉ミルクを作る時や、搾乳した乳やつくりおきのミルクを温めなおす時、お湯は必ず必要になります。そのような時、電気ケトルがあるとガスで沸かすより早くお湯を沸かすことができます。また、お湯が沸いた時に赤ちゃんを抱っこであやしていたり、おむつ替えですぐに手が離せなくても、電気ケトルなら音でお湯が沸いたことを知らせてくれますし、自動で切れるので、コンロの火を消す手間などもなくとても安全です。

保温機能があるものもあるので、必要そうな時にあらかじめスイッチを押して沸かしておけば、必要な時にすぐにお湯を使うことができます。赤ちゃんが泣きだしてからお湯を沸かして、ミルクを作り、あついミルクをまた冷ましてとしていたら時間がかかりますからね。

ウォーターサーバが気になる方はこちらの記事もどうぞ

ミルクを簡単に作れるオススメのウォーターサーバーを徹底比較

4.フードプロセッサー

離乳食期に入って、フードプロセッサーがあって本当に助かりました。気持ちのいいくらい、瞬時に野菜や肉・魚などを粉々にしてくれます!離乳食は毎日毎食みじん切りの日々ですからね。

離乳食だけでなく、普段の食事づくりでも役にたってくれます!一瞬で食材を粉々にしてくれるので、育児で忙しい時の夕飯作りも時短調理でぱぱっと作ってしまうことができます。とくに、たまねぎのみじん切りがとても苦手な私には感動のアイテムでした。

というか、子どもがいてもいなくても、なんでこんな便利なものをもっと早く買わなかったんだろう!!と思ってしまうほど超便利家電です!一人暮らしの時にもあって欲しかったな。

5.ミシン

趣味趣向で個人差はあると思いますが、私は子育て中ミシンがあってよかったと感じたのでご紹介させていただきます。

もともとミシンを使ったり手芸が趣味というわけではありませんでしたが、初めての赤ちゃんができて、赤ちゃんのために小物作りをしたいと思いミシンを購入しました。

まず作ったのがスタイ。これが本当によく使う!吐き戻しやよだれ・鼻水を拭くのに使用し、すぐに新しいものに取り換えて・・・一日でも数枚。手作りなので大量生産できるし、好みの生地でかわいいスタイをじゃんじゃん作りました。楽しくて手芸が子育てのストレス発散にもなっていました(笑)

はじめはミシンに慣れていませんでしたが、回数を重ねるごとに慣れていくものです。スタイの他に、赤ちゃんのためのにぎにぎ人形、おくるみ、ズボン、甚平、抱っこひもカバーと作れるようになっていきました。抱っこひもカバーなどは市販品が少なく、好きなデザインがなかったりもするので、手作りで好みのものが作れてよかったですよ。

今後も幼稚園バッグや、シューズ入れなど必要になってくるでしょうし、その時は子どもの好みに合わせて世界にひとつのハンドメイド作品を作ってあげたいなと思っています!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。