赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防!葉酸サプリはいつからいつまで飲むのが良い?

広告

「妊娠したら葉酸を摂取しなさい」と、よく言われますが、葉酸って何なのでしょうか。
実はこの葉酸、お腹の中で赤ちゃんが正常に発育するために必要不可欠な栄養素だったんです!

この重要な栄養素である葉酸は、いったいいつ頃飲むと良いのでしょうか。
妊娠初期?妊娠する前?一番効率の良い摂取時期があるんです!

葉酸は血液を造る手助けをしてくれるので、産後に貧血になりやすい授乳中のお母さんにもおすすめなんですよ~!

今回は、葉酸が不足することで起こる胎児へのリスクと、葉酸の正しい摂取時期についてお話したいと思います。

どうして葉酸が必要なの?

妊娠を望んでいる妊活中の人や、最近妊娠が分かった人は、葉酸についてもっと知りたいと思っている方が多いと思います。

葉酸とは、ブロッコリーなどの緑の野菜に多く含まれている、ビタミンB郡に分類される栄養素のことです。
造血作用がある葉酸は、貧血になりやすい妊婦や細胞分裂を繰り返す胎児の正常な発育に必要不可欠な栄養素です。

妊娠初期に葉酸が不足するとどうなるの?

妊娠初期に葉酸が不足すると、神経管閉鎖障害を持って産まれてくるリスクが高まります。

神経管閉鎖障害とは、妊娠初期の細胞分裂を繰り返しながら脳や脊椎が作り上げられる過程で、神経管が正常に形成されない障害のことです。

胎児1万人に対し6人ほどがなると言われており、神経管閉鎖障害を持って産まれてくると、下半身の発達の遅れや脳の成長が止まったり、死産につながるケースがあります。

天然葉酸より合成葉酸のほうが摂取効率が良い

葉酸には、人工的に作られたモノグルタミン酸型からなる合成葉酸と、緑の野菜に含まれるポリグルタミン酸型からなる天然葉酸の2種類があります。
合成や天然と聞くと、天然のほうが体に良さそうに聞こえますが、天然葉酸は体内に吸収しづらいデメリットがあります。

普段の食事から天然葉酸を得ようとしても、洗ったり茹でたりする中で葉酸が流出してしまいやすく、葉酸を摂取出来たとしても、体内で吸収しづらいので、摂取効率が悪いんです。
そのため、葉酸を本格的に摂取するなら合成葉酸のほうが確実に必要な量の葉酸を摂取出来る上に、体内の吸収率も良いのでおすすめです。

妊娠初期では遅い!?葉酸サプリを飲むタイミングとは

妊娠が確定し、妊婦検診が始まると、まずは葉酸サプリメントの摂取を薦められます。

この葉酸サプリ、実は妊娠初期に飲み始めるのでは遅いんです!

それでは、葉酸の正しい摂取のタイミングとはいつ頃なのでしょうか。

理想は妊娠前に飲み始めておく

「まだ妊娠してもないのに?」と思われるかもしれませんが、妊娠前に葉酸を摂取しておくことで、葉酸が必要な時期に必要な量の葉酸を体内に蓄えておくことが出来ます。

葉酸を摂取することで、先天異常を予防出来ると言われていますが、
受胎後1ヶ月までに必要な量を摂取していた場合に限った話です。

妊娠周期で言うと、妊娠4週~6週なので、「ひょっとして妊娠したかも?」と感じる人が居るくらいの時期です。

細胞分裂を繰り返しながら胎児となるのですが、この細胞分裂を繰り返す過程で先天異常の有無は決まります。
つまり、この時期までに必要な量の葉酸を体内にキープしておくためには、妊娠前に摂取しておくのが理想的です。

妊娠に気づいたらその日から葉酸サプリを摂取しよう

前述したように、葉酸は妊娠前の妊活中に摂取しておくのが理想的です。
しかし、突然の妊娠という方も居るので、その場合の葉酸摂取はどうすれば良いのでしょうか。

この場合は、妊娠検査薬で陽性反応が出たその日から葉酸サプリを摂取するようにします。
厚生労働省によると、妊娠1ヶ月前から妊娠3ヶ月まで葉酸が重要な時期であるとされています。
産婦人科でも、この時期に葉酸サプリの摂取を薦められることが多いのは、それほど妊娠初期に葉酸が重要だからなんですね。

ですので、妊娠に気づいたらその日から葉酸サプリを摂取するようにしましょう!

産後の授乳中も葉酸の摂取がオススメ!

いままでは妊娠前と妊娠初期の葉酸のお話をしてきましたが、実は産後も葉酸が必要なんです。

産後は出産によって多くの血液が失われ、貧血症状に悩むお母さんも多いと思います。
さらに、母乳は血液から作られるので、授乳中のお母さんは卒乳まで貧血に悩むことも少なくありません。

葉酸は、別名「造血ビタミン」とも呼ばれ、血を作る骨髄の細胞分裂に深い関わりがある栄養素なんです。
葉酸が、産後の授乳中に母乳によって失われる血液を造る手助けをしてくれます。

良質な血液は、母乳の質も良くしてくれます。
授乳中のお母さんなら、赤ちゃんに良い母乳を届けたいと思っている人が多いですよね。
産後の貧血を防ぐことで、赤ちゃんに質の高い母乳を届けることが出来るので、産後の授乳中のお母さんにも、葉酸は必要なんです。

産後に葉酸サプリメントを摂取するなら、母乳によってカルシウムも同時に失われてしまうので、カルシウム入りの葉酸サプリメントがおすすめです。

まとめ

葉酸は、緑の野菜に含まれているビタミンB郡に分類される栄養素の一つ。

この葉酸が不足することで、妊娠初期の胎児の細胞分裂を阻害し、神経管閉鎖障害を引き起こすリスクが高まります。
神経管閉鎖障害のリスクを減らし、より赤ちゃんがお母さんのお腹の中で過ごしやすい環境を作るためにも、妊娠を望んだ妊活中から葉酸を摂取するようにしましょう。

天然葉酸は摂取自体が難しく、摂取出来ても体内で吸収しづらい性質があります。
そのため、確実に葉酸が摂取出来て、吸収率も高い葉酸サプリメントがおすすめです。

妊娠前~妊娠妊娠初期以外にも、産後の授乳中のお母さんにも葉酸はおすすめです。
質の高い母乳を赤ちゃんに届けるために、葉酸は血液を造る手助けをしてくれます。

産後はカルシウムも母乳と一緒に赤ちゃんに吸い取られてしまうので、カルシウム入りの葉酸サプリメントを摂取するのがおすすめですよ!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告