離乳食に便利な調理グッズは!フードプロセッサーやヌードルカッター

フードプロセッサーを使う女性
広告

フードプロセッサーを使う女性

離乳食の準備におすすめフードプロセッサー

離乳食開始時に持っておくと手間が省けるアイテム、それはフードプロセッサーです。

赤ちゃんが小さいうちは離乳食をすりつぶさなきゃなりませんが、それはとても手間がかかるんですね。

手作りの離乳食にこだわるなら尚更です。毎食すりつぶしていると一日のうちの大半をキッチンで過ごすようになってしまうでしょう。

忙しいママは効率よく作っていきたいものですが

離乳食を食べる赤ちゃん

そこで活躍するのがフードプロセッサーです。

家にない方は価格が安いものでいいので、離乳食開始時にフードプロセッサーを買っておくといいでしょう。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B01294XQGY” title=”山善(YAMAZEN) フードプロセッサー 200g YFA-200(D)”] [wpap service=”with” type=”detail” id=”B001QS826O” title=”パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W”]

食材をすりつぶさなきゃならない時期というのは一瞬なのですが、赤ちゃんの離乳食での使用が終わっても大人の料理に使うことができます。

あっという間に食材が細かくなるので、すりつぶす時間も手間もかかりません。

離乳食を作るのはそれだけでとても大変なことです。しかし赤ちゃんのお世話は離乳食をつくることだけではありません。

オムツを交換したり、夜泣きに対応したりと離乳食を食べさせる他にもやらなきゃならないことは山ほどあります。

楽できるところで楽をしないと、育児に疲れきってしまうので便利なアイテムは率先して利用していくといいでしょう。

あると意外に楽なヌードルカッター?

赤ちゃんが少し成長してきたら買っておきたいのがヌードルカッターです。

個人差がありますが、多くの赤ちゃんは麺が好きです。

成長するとおかゆだけでなく麺を食べる機会も増えることでしょう。

麺を一本まるごと食べられるようになるまでは、食べやすいサイズにカットしてあげなければなりません。

家での食事なら包丁で刻んであげればすむことですが、外食ではそうもいきませんね。

ファミリーレストランでのキッズメニューにはうどんやスパゲッティなどがあります。

かけうどん

そうした場所で麺をカットできるのがヌードルカッターなのです。

持ち運びができるので家で使用しても良いし、外出先での食事で麺を食べる時にさっと取り出して食べやすいサイズにカットしてあげることができるんですね。

赤ちゃんが大きくなると外出することも増えるでしょう。実家に帰ったり遊びに出掛けたりする時に持っておくと、いつ麺を食べることになっても簡単に準備ができます。

麺が食べられるようになってからしばらくは使えますし、お手頃価格で販売されているので持っておいて損はない育児グッズです。

麺が好きな赤ちゃんなら頻繁に使用することになるので、買ってよかったとママは思うことでしょう。

[wpap service=”with” type=”detail” id=”B005CT9IC0″ title=”リッチェル Richell カットラリー類 おでかけランチくん 離乳食はさみ 6.7×1.1×11.7cm イエロー 薬液消毒可…”] [wpap service=”with” type=”detail” id=”B000E1GUEU” title=”コンビ ベビーレーベル ヌードルカッター & スプーン LT ( レーベルライム )”]

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告