Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

赤ちゃんが「うーん」と唸っているのは病気なの!?原因や対処法を説明します

泣いている赤ちゃん
広告

生後1ヶ月頃になると、突然顔を赤くして唸る赤ちゃんが居ます。
突然のことに大人はビックリしてしまいますが、赤ちゃんにはよくあることなんですよ!

赤ちゃんが唸る原因は、月齢ごとに違うんです。
今回は、生後1~3ヶ月と、生後4~6ヶ月の赤ちゃんが唸る理由をご紹介いたします。

生後1ヶ月頃から赤ちゃんが唸り(うなり)始める時があります。

これは「新生児いきみ」と言って、赤ちゃんは「うーん」と声を出していきんだり、顔を真っ赤にしたり泣いたりします。

特に朝に唸りはじめることが多く、ママは眠れなかったり心配や不安に思ったりしますよね。

特にに心配はいりませんが、あんまり唸っていると「でべそ」になる可能性もありますし、見てるこちらも辛いですよね。原因を知って少しでも楽にしてあげましょう。

赤ちゃんが唸る原因とは

赤ちゃんの行動は、様々な経験を積んだ大人でも予測不可能です。
さっきまで穏やかな顔で眠っていたのに、突然真っ赤な顔で唸りだすことがあります。

突然のことでびっくりしてしまい、体調が悪いのかと大人は思ってしまいますが、実は問題ないことがほとんどなんです。

赤ちゃんが唸る時期は、生後1ヶ月頃~生後3ヶ月頃と、寝返りができるようになった生後4ヶ月頃~生後6ヶ月頃です。

この2つの時期の唸りは、原因が異なります。
正しい理由を把握しておけば、大人も不安を感じることがなくなるので、しっかり把握しておくようにしましょう。

生後1~3ヶ月頃の唸りとは

生後1~3ヶ月頃の赤ちゃんは、毎日急速に成長しています。
この数ヶ月の間で、自分では動けなかった赤ちゃんが、早ければ自分で寝返りをうてるようになるんです。

自分で動けないからこそ、体に様々な影響があります。
この時期の唸りも、それが原因なんです。

では、どのようなことが原因として考えられるのでしょうか。

ゲップがしたいけど出ない

新生児期は、赤ちゃんも上手く授乳できないことがほとんどです。
初産の場合は、お母さんも上手く授乳できず悩んでいる人も多い時期ですよね。

上手に授乳できなかった赤ちゃんは、大量の空気と一緒にミルクやおっぱいを飲み込んでしまいます。

そうするとおなかに空気が溜まることで、腸の中でガスになり、苦しくて唸り始めてしまうんです。

授乳の後はゲップを必ずさせてあげるようにしましょう。
ゲップが苦手な子は、授乳クッションなどにもたれかけるように寝かせてあげることで、上半身を高くすることができます。

お腹が張って苦しい

 

新生児の赤ちゃんは、授乳回数が多いため排便の回数が多くなります。
排便がスムーズ出ない子は、お腹が苦しくて唸っているのかもしれません。

母乳やミルクを消化する時に、微量なガスが発生するため、排便がスムーズでない場合はガスが蓄積してしまいます。

また、胃が未発達の赤ちゃんは消化不良を起こしやすいため、腸内でガスが発生しやすくなります。

自分で思うように動けないため、腸内のガスを出したくても出せず、腸内にどんどん溜まってしまうんです。

この場合はおへそを軸に、ひらがなの「の」の文字を描くようにやさしくマッサージしてあげましょう。

足を持って、膝をお腹の方向へ曲げるように左右動かしてあげるのも効果的です。

うんちが出る直前

うんちを出そうといきむ時に唸る子も居ます。
おなかに溜まった便を体外へ押し出そうと唸っているためです。

唸った後にうんちが出る子は、うんちのサインで間違いないでしょう。

しかし、便がスムーズに出ないこともあります。
その時は、前述した「のの字マッサージ」などを試してあげてくださいね!

ミルクを飲んでいる子は飲みすぎかも

母乳は飲むのに相当なエネルギーを消費するため、赤ちゃんが母乳を飲みすぎるということはあまりありません。

しかし、ミルクは少しの力で簡単に飲めてしまうため、ついミルクを飲みすぎてしまう場合があります。

規定の量を与えていても吐き戻しが多い場合は、赤ちゃんにとってミルクの量が多いのかもしれません。

ミルクの量を減らして様子をみるようにしましょう。

生後4~6ヶ月の唸り

月齢の浅い赤ちゃんの頃は、主に胃腸が苦しくて唸っていることが多かったですね。

では、寝返りができるようになる4~6ヶ月頃の唸りの原因とは何なのでしょうか。

胸やお腹が圧迫されて苦しい

寝返りができるようになると、いつまでも寝返りした姿勢で機嫌よく過ごしている赤ちゃんも多いですよね。
しかし、突然顔を赤くして唸り始める赤ちゃんもいます。

寝返りの姿勢で唸り始めたら、お腹や胸が圧迫されて苦しいのかもしれません。

寝返りができたばかりの頃は、自力で元の仰向けに戻ることができません。
そのため、一定時間寝返りの姿勢をしたら、元に仰向けの姿勢に戻してあげるようにしましょう。

苦しくなる前に戻してあげるようにすることが大切ですので、寝返り中は目を離さないようにしましょう。

便秘でお腹が苦しい

生後5~6ヶ月頃になると離乳食が始まります。
今までミルクやおっぱいしか飲んでいなかった赤ちゃんが、初めて固形の食べ物を食べるようになります。

初めての固形物は、未発達の赤ちゃんの胃腸に少なからず影響を与えます。

離乳食が始めると便秘になる子が多く、唸ることが多い場合は便秘でお腹が苦しくて唸っているのかもしれません。

3日に1度など、たまに便が出ていると様子を見てしまいがちですが、慢性的な便秘は治療が必要な場合があります。

また、浣腸などのその場しのぎの対策は、赤ちゃんに無理やり排便させるだけで、根本的な便秘治療ではありません。

慢性的な便秘は立派な病気ですので、早めに小児科を受診するようにしましょう。

赤ちゃんの唸り対処法?

お腹の違和感を楽にしてあげることだと思います。まずはお腹が張ってないか?ガスが溜まってないかチェックしてみてください。

  • 縦抱きにして背中をトントン叩き、げっぷ・ガスをしっかり出してあげましょう。縦抱きにすることでおなかの圧迫も軽くなり赤ちゃん少し楽になります。
  • 夜間沿い乳で母乳をあげているとげっぷが不十分で朝方気分が悪くなることも。げっぷを十分にさせてあげましょう。
  • 便秘対策をしましょう。便秘気味なら、ミルク後をさけて腹部のマッサージをしたり、綿棒浣腸をしてみましょう。
  • ミルクの子は飲みすぎていないかミルクの量をみなおしましょう。1日必要量(ml)=体重(kg)×180です。その量を6〜7回に分けて飲めるよう調整しましょう。
  • ウエストをひねるとガスが出やすくなります。赤ちゃんを寝かせた状態で足を持ち左右にゆっくり動かしてウエストをひねりましょう。
  • 腹ばいにするとガスが出ておなかが楽になります。1ヵ月を過ぎていれば見守りながらうつぶせにしてみましょう。

まとめ

赤ちゃんが唸る原因は、月齢によってことなります。

<生後1~3ヶ月の唸りの原因>

  • ゲップを出したいけど出ない
  • お腹が張って苦しい
  • うんちが出る直前の合図
  • ミルクの飲みすぎ

<生後4~6ヶ月の唸りの原因>

  • 胸やお腹が寝返りの姿勢で圧迫されて苦しい
  • 便秘でお腹が張って苦しい

赤ちゃんは言葉をまだ発することができないため、唸ることで不快感を表すこともあります。
赤ちゃんが頻繁に唸る場合は、何か不快感があるサインです。
赤ちゃんの様子や排便の様子などをじっくり観察してみましょう。

原因が思い当たらない場合は、小児科や健診で相談してみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告