抱っこが楽!しっかりホールドで安全!人気のおすすめ抱っこ紐

エルゴの抱っこひも
広告

赤ちゃんの抱っこ紐はいろいろあって、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。今回は人気の抱っこひもをいくつかご紹介します。

抱っこ紐はいつからいつまで

スーパーやショッピングモールなど小さな赤ちゃんを連れているママ・パパはほとんど利用している抱っこ紐

抱っこ紐って産後の1ヶ月健診から2歳ぐらいまで使用できるので、何かと便利ですよ。出先で眠ってしまったりしたお子さんを抱っこ紐で抱っこすると何かと助かります。

新生児に使用する場合にはそのままでは首が座っていないので危ないのですが抱っこ紐と別に新生児用の付属品を用意すると使えます。

抱っこ紐のメーカー

抱っこ紐のメーカーも色々ありますね。今回はその中でもメジャーなメーカーをご紹介します!

①エルゴエルゴは外国製の商品ではありますが、何かと良く耳にするメーカーですね!筆者もエルゴの抱っこ紐にお世話になりました。紐がしっかりしているので肩への負担が少ないのがメリットです。首がしっかりしていない新生児のお子さんでも、専用のインサートを使うと縦抱きにはなりますが抱っこ可能です。

②アップリカアップリカは日本人の体型に合った形の抱っこ紐になっていて、ラインナップも豊富です。使い方さえマスターしてしまうと、抱っこ紐ひとつで横にも縦にも使えるので、首の座らない赤ちゃんを横抱きできるので大助かりです。

③ベビービョルンベビービョルンは使用年齢の対象期間が長いのがポイントです。付属無しに新生児から使用できる商品もあるので、夏は付属品を使用しての抱っこ紐は赤ちゃんにとってもお母さんにとっても、しんどいものです。春先にお子さんが誕生して夏を迎えるお母さんにはピッタリの商品かもしれません。

おすすめの抱っこ紐

みなさんが使用している安定のエルゴから人気の赤ちゃん用品を取扱いしているベビービョルンなど紹介していきます

【エルゴ】ベビー ベビーキャリア

町を歩いているとみんな使っていますのがこちら、人気が高いエルゴの抱っこひも!お値段は高めですが、腰や肩に負担をかけないつくりになっているので、長く使うことを考えると高い買い物ではないのかもしれません。

ちなみに家もエルゴを使っていますが腰痛になりにくくて買ってよかったです。

  • 対面抱き、おんぶ、腰抱きの3通りに使用可能。
  • 胸ストラップ&ウエストベルトには赤ちゃんの脱落防止の安心バンド付。万が一バックルがはずれても、急な脱落を防止します。
  • ウエストベルト、肩ストラップ、胸ストラップは無段階の長さ調節が可能。パパでも使えますよ!
  • スリーピングフードは赤ちゃんの成長に合わせて長さ調節可能。睡眠時の頭部のサポートや、日よけ、風よけにも使えます。
  • 別売りのインファントインサートを使用すると、首が座っていない0か月の赤ちゃんからでも使用ができます。

【ベビービョルン】ベビーキャリア Air

エルゴ同様、腰や肩に負担をかけないつくりになっています。付属品がなくても新生児期から使用でき、メッシュ素材で通気性がよく、暑い時期の使用におすすめ。

  • 新生児抱っこ、対面腰抱っこ、前向き抱っこ、おんぶの4Way機能。
  • 優れた通気性と人間工学に基づいたデザインによって長時間の抱っこやおんぶが可能。
  • 赤ちゃんの頭を包み込むヘッドサポートと背筋をピンと伸ばす構造で、新生児から安全に抱っこができます。
  • 片手で操作できる簡単バックル。
  • 簡単安全なスライドおんぶ機能で、抱っこしたまま安全におんぶへと変えることができます。
  • 軽くてコンパクトで持ち運びに便利!

【アップリカ】コラン CTS

日本ブランドなので日本人向けの作りで使い心地がよく、コンパクトで持ち運びに便利なところがよいです。

  • 日本人の体にフィットする腰ベルト付きだっこ紐。生後すぐから使えるタイプ。新生児シート付。
  • 新生児期は新生児シートを使ってヨコ抱っこ、首すわりからは新生児シートを外して3通り(タテ抱っこ、おんぶ、前向き抱っこ)で使えます。
  • 赤ちゃんの背中がムレにくい「エアーブリーズメッシュ」で通気性3倍アップ。ファスナーをあけることでこもった熱を逃がします。
  • おんぶハーネスで、赤ちゃんをしっかりホールド、おんぶの装着も安心。
  • 「おやすみカーテン」光や風をさえぎるおやすみカーテン。取り外しが可能になって、いつも清潔。
  • カンタン装着! バックルをとめてかぶるだけで装着可能!小さくたためて、軽量コンパクト。
  • かんたんに洗えるよだれパッドが標準装備。

【コンビ】セオッテ

赤ちゃんブランドで名の知れたコンビの抱っこひも。とくにおんぶがしやすいです。身体に負担の少ないしっかりとしたつくりと、他にないかわいいデザイン!なのにお値段はお手頃です!

コンビ セオッテ ON-E リボンブラック

コンビ セオッテ ON-E リボンブラック

9,380円(10/21 18:07時点)
Amazonの情報を掲載しています
  • 首すわりから使えて、おんぶとタテ抱っこが選べる2WAYスタイル。
  • おんぶがしやすい3つのポイント1.首カックンサポート。赤ちゃんの頭をささえます 2.わきぐりサポート。赤ちゃんの身体をしっかりささえます。 3.ホールドカバー。ホールドカバーで落下を防止します。
  • 腰ベルトタイプなので、長時間のだっこもラクラク。
  • 赤ちゃんの乗せおろしは、首カックンサポートバックルを外すだけで、とても簡単です。
  • 赤ちゃんの顔まわりには、綿100%ダブルガーゼを使用しています
  • ベビーカーのカゴにもおさまる計量コンパクト設計です。

我が家で実際に使ったのはエルゴ

長男が生まれた時に我が家でも抱っこ紐を購入しましたがエルゴにしました
やはりショッピングモールなどに行って他の方がどのメーカーを使っているかチェックをするとほとんどの人がエルゴだったのが大きいですね!

エルゴの抱っこ紐

エルゴの抱っこ紐は0歳から使用するためのオプションがついていて
これがあれば安心して抱っこが出来ます!

エルゴの抱っこ紐

抱っこ紐で気をつけるポイント

本当に1本だけとは言わず、お子さんの成長に合わせて買いなおしてしまうほどに、抱っこ紐って便利なんです。赤ちゃんの個人差もあるので、縦抱きを好む赤ちゃんや横抱きを好む赤ちゃんもと、それぞれです。ですので、出産前に新生児から使用できるものを用意しておき、その後は赤ちゃんの好みに応じて別のものを用意してみてはいかがでしょうか?

ただし、商品によっては対象年齢が異なっているものや、別売の付属品が必要な商品もありますので、そこはあらかじめチェックしておく必要があるでしょう。

産後だと、買い物の時間が限られたり、赤ちゃん優先になりますので、事前にチェックすることが必須事項です。旦那さんとも相談しつつ、わが子にピッタリの抱っこ紐に巡り合えると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。