抱っこが楽!しっかりホールドで安全!いま人気のおすすめ抱っこ紐

エルゴの抱っこひも
広告

赤ちゃんの抱っこ紐はいろいろあって、どれを買えばいいのか迷ってしまいますよね。今回は人気の抱っこひもをいくつかご紹介します。

エルゴベビー ベビーキャリア

町を歩いているとみんな使っていますのがこちら、人気が高いエルゴの抱っこひも!お値段は高めですが、腰や肩に負担をかけないつくりになっているので、長く使うことを考えると高い買い物ではないのかもしれません。

ちなみに家もエルゴを使っていますが腰痛になりにくくて買ってよかったです。

  • 対面抱き、おんぶ、腰抱きの3通りに使用可能。
  • 胸ストラップ&ウエストベルトには赤ちゃんの脱落防止の安心バンド付。万が一バックルがはずれても、急な脱落を防止します。
  • ウエストベルト、肩ストラップ、胸ストラップは無段階の長さ調節が可能。パパでも使えますよ!
  • スリーピングフードは赤ちゃんの成長に合わせて長さ調節可能。睡眠時の頭部のサポートや、日よけ、風よけにも使えます。
  • 別売りのインファントインサートを使用すると、首が座っていない0か月の赤ちゃんからでも使用ができます。

ベビービョルン ベビーキャリアoneメッシュ

エルゴ同様、腰や肩に負担をかけないつくりになっています。付属品がなくても新生児期から使用でき、メッシュ素材で通気性がよく、暑い時期の使用におすすめ。

 

  • 新生児抱っこ、対面腰抱っこ、前向き抱っこ、おんぶの4Way機能。
  • 優れた通気性と人間工学に基づいたデザインによって長時間の抱っこやおんぶが可能。
  • 赤ちゃんの頭を包み込むヘッドサポートと背筋をピンと伸ばす構造で、新生児から安全に抱っこができます。
  • 片手で操作できる簡単バックル。
  • 簡単安全なスライドおんぶ機能で、抱っこしたまま安全におんぶへと変えることができます。
  • 軽くてコンパクトで持ち運びに便利!

アップリカ?ランビギ スノーベリーNV

日本ブランドなので日本人向けの作りで使い心地がよく、コンパクトで持ち運びに便利なところがよいです。

  • 日本人の体にフィットする腰ベルト付きだっこ紐。生後すぐから使えるタイプ。新生児シート付。
  • 新生児期は新生児シートを使ってヨコ抱っこ、首すわりからは新生児シートを外して3通り(タテ抱っこ、おんぶ、前向き抱っこ)で使えます。
  • 赤ちゃんの背中がムレにくい「エアーブリーズメッシュ」で通気性3倍アップ。ファスナーをあけることでこもった熱を逃がします。
  • おんぶハーネスで、赤ちゃんをしっかりホールド、おんぶの装着も安心。
  • 「おやすみカーテン」光や風をさえぎるおやすみカーテン。取り外しが可能になって、いつも清潔。
  • カンタン装着! バックルをとめてかぶるだけで装着可能!小さくたためて、軽量コンパクト。
  • かんたんに洗えるよだれパッドが標準装備。

コンビ セオッテ

赤ちゃんブランドで名の知れたコンビの抱っこひも。とくにおんぶがしやすいです。身体に負担の少ないしっかりとしたつくりと、他にないかわいいデザイン!なのにお値段はお手頃です!

  • 首すわりから使えて、おんぶとタテ抱っこが選べる2WAYスタイル。
  • おんぶがしやすい3つのポイント1.首カックンサポート。赤ちゃんの頭をささえます 2.わきぐりサポート。赤ちゃんの身体をしっかりささえます。 3.ホールドカバー。ホールドカバーで落下を防止します。
  • 腰ベルトタイプなので、長時間のだっこもラクラク。
  • 赤ちゃんの乗せおろしは、首カックンサポートバックルを外すだけで、とても簡単です。
  • 赤ちゃんの顔まわりには、綿100%ダブルガーゼを使用しています
  • ベビーカーのカゴにもおさまる計量コンパクト設計です。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。