Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

赤ちゃんの成長にオススメ、成長を助けるおもちゃの効果とは?

英才教育を受ける赤ちゃん
広告

赤ちゃんのおもちゃはどこのお家でもありますよね?おもちゃを扱っている店では、子供用のおもちゃなどに合わせて赤ちゃん用のおもちゃがたくさん並んでいます。赤ちゃんが遊んでいる姿を想像して思わず買ってしまうおもちゃですが、これらは実は赤ちゃんが楽しむだけでなく、成長を安全にサポートする効果があるんですよね。

楽しむだけでは無く成長に役立つおもちゃってどういうものなのか気になりますよね。

赤ちゃんの成長って何がある?

まずひとつ目は体の成長です。体の成長として生まれてすぐの赤ちゃんでも手足を動かすことができます。そして目ははっきりと物を捉えなくても、明るいか暗いかといった光を感知することができます。赤ちゃんが目に入ったものを取ったり触ったりすることは、体の筋力を向上させます。

ぬいぐるみのおもちゃを赤ちゃんが持って振り回す姿をよく見かけるかと思います、そんな事で赤ちゃんの体は鍛えられているんです。赤ちゃんにとってはただ単に遊んでいるだけでも成長から見ると大事なんですね。

指を掴む赤ちゃん

脳の成長を助ける知育おもちゃって知ってますか?

知育おもちゃとは遊ぶためのおもちゃではありますが脳の成長に働きかける事を目的としたおもちゃのことです。また知育おもちゃによっては組立方法を変えると、形が変わって赤ちゃんの様々な運動に適用するようなものもあります。

赤ちゃんの脳細胞って大人と一緒

あんな小さいのに実は赤ちゃんと大人の脳細胞の数は同じくらいで、およそ140億個です。生まれた瞬間から刺激を脳細胞が受け取っています。脳細胞と脳細胞のつながった部分をシナプスと呼びますが、この数が多いほど将来頭の良い子供に育つと言われています。

シナプスは使わなければどんどん衰えてしまいます。1度刺激を与えるよりも、何回も継続的に刺激することで学習能力の高い脳になります。

人間の脳のうち芸術や直感力を司っている右脳は、生まれてたった3年の間で発達します。一般的な幼稚園や小学校での教育は、3歳以降から発達を始める左脳に対応するため、右脳を発達させるには赤ちゃんの時から知育おもちゃで脳に刺激を与える必要があります。さらに子供に好感度の高いキャラクターを使った知育おもちゃは、赤ちゃんの心をワクワクさせます。メロディーやリズムに触れさせることで、精神的に安定します。

右脳とは

 

体の左半分を制御する部分であり、五感を司る脳と言われています。知覚や感性などが優れている人は右脳が発達していると言われています。芸術の天才などは右脳が発達している人が多いようです。

左脳とは

体の右半分を制御する部分であり、二感を司る脳と言われています。思考や論理などが優れている人は左脳が発達していると言われています。数学の天才などは左脳が発達している人が多いようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。