イヤイヤ期の期間はいつから、いつまで?具体的な接し方・対処法は?

広告

魔の2歳児と言われるほど2歳児子育ては本当に大変!あれをやっても「イヤ!」これをやっても「イヤ!」そんな時期ですね。

今回はそんな大変な2歳児のイヤイヤ期についてご紹介します。

2歳児の特徴とは?

泣いている男の子

 

魔の2歳児と呼ばれる2歳児の特徴は次のとおりです。

  • 何を聞いても「いや」とはっきり言う
  • 「いやいや」を繰り返す
  • 自分で何でもやりたがる

2歳児ママの悩み!

子に泣かれて困っているお母さん

2歳児が「イヤイヤ」を繰り返すとママはこんなことで困ってしまいます。

  • 繰り返し「イヤイヤ」言われることが煩わしく感じる
  • 何を言っても拒否されるので悲しくなったりイライラしてしまう
  • 怒りたくないのについ怒鳴ってしまう
  • 構わないことで子どもが寂しがったりストレスを感じるのではと心配になる
  • 起こったり構わなかったりしていると他の人の目が気になる
  • どう対応していいか分からなくなる

なぜ2歳児は「イヤイヤ」と言うの?イヤイヤ期がある理由は?

嫌がる子どもと手を引くママ

2歳になった子が「イヤイヤ」を繰り返すのは、単なるワガママではありません。これも立派な発達過程のひとつなのです!

2歳児が「イヤイヤ」と意思表示をするのは、自我の発達と、自律(自立)心の成長をあらわします。

自我の発達とは

自我の発達とは、自分と他人の区別がついてくるということです。「イヤ」と言うのは自己主張や自己表現であり、他人とは違う「自分」という存在を認めてもらいたいということのあらわれです。

そのため、通してもよい要求の場合は怒ったり否定せずに認めてあげることで「自分は親から認めれている、受け入れられている」という安心感をもつことができ、子どもの気持ちは満たされます。しかし、まだ良し悪しが十分に分からない2歳児は何でもイヤイヤと言うので、社会的に認められない要求はその時々に言い聞かせ、具体的に教えていく必要があります。

自律心(自立心)の成長とは

自律心(自立心)の成長とは、自分の身の回りのことは自分でするという人としての自然な成長です。2歳頃になると基本的生活習慣(食事・排泄・睡眠・衛生・着衣)がだんだん身についてくる時期です。自分でやりたがったら、やりたいようにやりたいだけやらせてあげましょう。

その際は、あらかじめ服は着脱しやすいものを準備する、食事は食べやすい形状のものを用意し、こぼしてもいいようにエプロンをしておくなど、影から手助けをしてあげるといいでしょう。途中で手を貸そうとすると「イヤ」と言われるかもしれません。

イヤイヤ期はいつから、いつまで続くの?1歳からでも始まる!?

泣いている女性

イヤイヤ期はだいたい2歳頃と言われていますが、その始まりと終わりは個人差が大きく、子どもによりバラバラです。

 

イヤイヤ期の始まりは、早い子で1歳過ぎ?1歳半頃で始まります。多くは2歳前後で始まると言われています。

イヤイヤ期の終わりは、2?3歳で終わることが多いのですが、早く始まった子は早く終わり、遅く始まった子は遅く終わる傾向にあるようです。1歳を過ぎて始まった子は2歳頃には終わっていたという例もあります。反対に、長い場合は4歳頃までイヤイヤ期が続いたという子もいます。また、幼稚園の入園、弟や妹の誕生などの環境の変化が影響して突然イヤイヤ期が終わることもあるようです。

ママがイライラすると、子どもの「イヤイヤ」はヒートアップ!

イライラしているママ

わかっていてもイライラしちゃうのが2歳児のイヤイヤ期なんです。

けれど、イライラするほど子どもの「イヤイヤ」は激しくなります。

怒ったりすると余計に泣き叫んで「イヤイヤ」を繰り返し、ママはさらにイライラしてしまうという悪循環に陥ることも。

まずはママのイライラを落ち着けて、冷静に対処することが必要になってきます。

ママのイライラを軽減!怒りのコントロール方法!

カフェでのんびりするママ

できるだけストレスやイライラをためないようにして、心と体をいたわっていきましょう!

  • 「いまイライラしてるな」と感じる訓練を。まずは自覚すること!
  • イライラしてるなと感じたら、まず深呼吸
  • イライラするときはいったん子から離れて別室に行き、気持ちを落ち着ける
  • 時間に余裕をもって行動するようにする
  • 家事も育児も予定通りにいかなくて当たり前と割り切るようにする
  • 1日くらい家事全部を放棄して子どものやりたいことに合わせてのんびり過ごす
  • 時にはテレビや動画、おもちゃなども活用して子どもの気を引く
  • 心の余裕を持って笑顔で接するよう心がける
  • パパにも協力してもらい、一人の時間やリラックスできる時間をつくる

イヤイヤ期の子どもへの接し方、具体的な方法や声のかけ方とは?

パターン?日常生活行動(食事・排泄・睡眠・衛生・着衣)のイヤイヤ

着替えをする男の子

なんでも自分でやりたがり、手を出そうとすると「イヤ」と言ったり、食事中なのにおもちゃで遊んでご飯を食べて欲しいのに「イヤ」と言ったりする場合・・・

こんな時は、できるだけやりたいだけやりたいようにやらせてあげましょう。

言葉かけとしては事前に「自分でする?」と聞いたり、「そっか、〇〇がイヤなんだね。」「〇〇はイヤだったね?」「うんうん」と、気持ちを認めてあげましょう。やるだけやって、時間がたって疲れてきたら「手伝ってもいい?」と聞いて少しだけ手伝ってあげましょう。そして、できたことについては「自分でできたね。」「すごいね」「がんばったね」など褒めてあげましょう。

パターン?イヤイヤと言いながら危険な行動ややってはいけないことをする

ダメッと注意するママ

物を投げる、物を壊す、暴力をふるうなどの危険な行動をする場合・・・

こんな時は、ダメな理由を説明し一回一回丁寧に教えていくことが必要です。もちろん「イヤイヤ」と泣かれるかもしれませんが、ここは毅然とした態度で向き合うことが大切です。

言葉かけとしては、「物が当たったら当たった人は痛いよね。だから物を投げたらダメなんだよ。」「叩いたら痛いよ。悲しいよ。だからしちゃいけないことなんだよ。」など、分かりやすい言葉でしっかり教えてあげましょう。

パターン?何かをやってもらいたい時の声かけ

歯磨きを嫌がる女の子

手を洗いや歯磨きなど、何かを指示しようとする場合・・・

こんな時は、選択肢を与えましょう。「〇〇しよう?」「〇〇して」というと「イヤ」と返されるかもしれません。

言葉かけとしては、「ママがしようか?自分でする?」「手洗いは何秒する?10秒?20秒?」というふうに尋ね、「しない(イヤ)」という選択肢を選びにくくしましょう。できたら「上手にできたね」と褒めてあげましょう。どうしても「イヤ」と言ってしたがらない場合は、「いいよ。でもしたくなった言ってね」と一旦したくない気持ちを受け入れ見守りましょう。

パターン?スケジュールに沿った行動がしたい時

時計

外出先で帰ろうとしても「イヤ」と言って帰りたがらなかったり、寝る時間なのに「イヤ」と言って寝ない場合・・・

こんな時は、スケジュールを前もって教えてあげましょう。そうすることで、子どもも気持ちの整理がしやすくなります。時間がまだ良くわからない子どもには、時計にシールを貼って「長い針がワンワン(犬のシール)のところに来たら・・・」などと言って教えるとよいですよ。

言葉かけとしては、「(タイマーを準備して)コレが鳴ったら一緒に出かけるよ」「次はおうちに帰ってアンパンマン観よう」「おうちに帰ったらお菓子食べよう」「ねんねの時間になったら一緒にベッドに行こうね」「今日は〇〇だから急ごうね」など、前もって予定を教えておきましょう。ママと一緒だよ、次の予定は楽しいことだよと教えると子どもも楽しい気持ちで行動することができますよ。「ママが帰ろうと行ったら帰ろうね」など、毎回約束事を決めておくのも一つの方法です。約束が守れたら「約束守れたね。えらいね。」と褒めてあげましょう。

パターン?「これ欲しい!」「これ買って!」と言ってしかたがない時

おもちゃ屋さん

スーパーなどでおもちゃやお菓子を持って「これが欲しい」と言ってきかない場合・・・

こんな時は、まずは気の済むまで触らせます。急ぐ時やそれでも聞かない時ははっきりとダメということを教えます。

言葉かけとしては、まず満足のいくまで触らせて「そろそろ帰る時間がだから(おもちゃの)アンパンマンとバイバイしようね」などと話します。聞かない時は怒鳴らないように「今日はおもちゃを買いに来たんじゃないんだよ。だからどんなに泣いてもおもちゃは買わないよ。」と教えてあげましょう。

パターン?とにかく泣いて嫌がる

泣いている女の子

何を言っても、何をしてあげても大声を出したり泣き叫んだりする場合・・・

こんな時は、何か別のもので気をそらしましょう!テレビや動画の見せすぎはあまりよくありませんが、ママの負担を減らすため、時には活用していきましょう!それ意外にも、とっておきのおもちゃや絵本、お菓子をこんな時にこそ出してあげて気持ちを切り替えさせてあげましょう。テレビや動画に集中している間に、嫌がっていたおむつ替えをやってしまうなど、うまく活用して育児をおこなっていきましょう!

言葉かけとしては、「〇〇はイヤだね?。じゃあちょっと〇〇やめてアンパンマン観ようか」など。

パターン?チャイルドシートを嫌がって抜けだそうとする

家族でドライブ

チャイルドシートを嫌がって泣いたり、抜けだそうとする場合・・・

こんな時は、大好きな歌や音楽、DVDや動画などを流してあげましょう。「おかあさんといっしょ」「いないいないばぁ」「しまじろう」「アンパンマン」など、普段からDVDを車に常備しておいたり、スマートフォン用のホルダーを設置しておき、スマホで動画を流してあげたりすると車の中でも退屈せず、歌や動画に集中することができます。また、運転中はチャイルドシートからは絶対に降ろさないようにしましょう。癖になってしまいます。

 

言葉かけとしては、「車に乗ったら絶対ベルトをしておかないとダメなんだよ」ときちんとルールを教えてあげましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告