種類いろいろ!初めてのスタイ(よだれかけ)探し!

クッキー柄のスタイ
広告

昔に比べ、今はいろんな種類の「スタイ=よだれかけ」が販売されています。オシャレな物から機能的なものまで、いろんな形をしたスタイ。たくさんありすぎて、どれを選んでいいのか分からないことも。今回はこのスタイについて、ご紹介していきたいと思います。

スタイの役割

「スタイ=よだれかけ」と言いますが、よだれのためだけではなくこんな時に役立ちます!

  • よだれが多い時に服を汚さず済みます。また、気軽に取り換えができます。
  • おっぱいやミルクを飲んだ時や吐き戻した時に、サッと口元を拭いてあげることができます。
  • 離乳食などが始まった時に、お洋服を食べこぼしなどの汚れから守ります。
  • 簡単なおしゃれアイテムとして。かわいいスタイを付けるとそれだけでグッとおしゃれに!

スタイの留め具

スタイの留め具にはいくつかの種類があります。

  • マジックテープ:簡単に着脱できます。寝ているときは外す時の音で起きちゃうことも。また、髪が長い子だと、絡めて引っ張ってしまう恐れもあります。
  • スナップボタン:簡単に着脱できます。糸で止めてあるタイプだと、外れた時口に入ってしまう危険があります。布地に打ち付けてあるタイプなら安心です。また、プラスチック製と金属性があり、プラスチックだと金属アレルギーなどの心配もありません
  • ボタン式:ボタンをボタン穴に通すタイプ。見た目がかわいかったりします。赤ちゃんが自分で外しにくいです。着脱にやや時間がかかります。
  • 留め具なし:りぼん紐を結んで留めるタイプや、ゴムのタイプがあります。ボタンが外れて飲み込む心配や肌を傷つける心配がありません。ゴムのタイプなどは着脱も簡単です。

スタイの生地

スタイの生地はいろいろあります。綿、ダブルガーゼ、タオル地、パイル地、ニット地、ワッフル…など。

  • 色、柄がいろいろ。
  • 表と裏で生地の素材が違うものもあります。
  • リバーシブルで使えるものもあります。
  • ガーゼタイプやオーガニックコットンは柔らかく肌に優しいです。
  • タオル地などは吸水性に優れています

スタイの形

スタイを選ぶポイントはいろいろありますが、一番は使いやすさやデザインのかわいさといったスタイの形ではないでしょうか?

  • 後ろ留めタイプ:スタンダードな形。留める部分が首の後ろにあるので布の重なりなどが邪魔にならず赤ちゃんが快適。
  • サイド留めタイプ:ボタンが横側にあるので着脱しやすいです。赤ちゃんが寝たままの状態でも着脱できます。
  • ゴムタイプ:ボタンがなく、首からかぶる形で着脱しやすいです。
  • りぼんタイプ:赤ちゃんの首のサイズに合わせて装着できます。結んだリボンがかわいらしいです。
  • バンダナタイプ:よだれかけには見えず、オシャレな印象に。男の子向け。
  • 円形タイプ:よだれかけは首の回りをまわってずれてしまいがちですが、円形なのでずれても問題ありません。

オススメのスタイ

参考までに。私個人の感想からいうと、形はやはり横ボタンタイプの物が着脱しやすく便利でした。寝ていても外せますし。その次にゴムタイプが便利だなと思いました。

生地はいろいろ試しました。個人差はあると思いますが、ちょっとゴワゴワしていても肌が荒れることはなかったです。使いやすさや拭きやすさ、食事用やおしゃれ用など用途ごとに選んでもよいかと思います。かわいいデザインの物は大変な育児の中でママの気分転換にもなりますよ。

ボタンはマジックテープよりスナップボタン式がオススメです。着脱簡単です。あまり販売されていませんがゴムタイプも着脱しやすく便利ですよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。