マタニティヨガで安産に&産後うつを予防!

広告

妊娠して安定期を迎えると、運動不足を防ぐためにウォーキングなどの軽い運動をするように推奨されています。

最近は、妊娠中でも出来るマタニティヨガが人気ですよね。ヨガ教室でも、マタニティ向けのクラスが開校されているところが多くあるようです。

今回は、マタニティヨガの効果と行う時の注意点、おすすめのDVD やポーズをご紹介します。

マタニティヨガで得られる効果

ヨガする女性

マタニティヨガで得られる効果として、以下のようなものがあります。

  • 腰痛や肩こりの改善
  • 寝不足の解消
  • 猫背が改善され、呼吸が楽になる
  • 出産時に必要な骨盤底筋群を鍛えられる

姿勢が良くなることで、体がスッキリする感じも得られるでしょう。

普通のヨガとは違い、出産時に重要な骨盤底筋群を鍛えられるポーズなどがあるのも嬉しいですね。

さらに、妊娠中にマタニティヨガを行っていたお母さんは、産後うつになる確率が低いと言われています。

マタニティヨガの注意点

??ヨガする女性2
妊娠期に嬉しい効果がたくさん期待できるマタニティヨガですが、始める前にしっかりと注意するべき点も把握しておきましょう。

  • ヨガを始めるのは安定期に入り体調が落ち着いてから!

妊娠前から定期的に運動を行っていたというお母さんでも、安定期に入るまでは控えるようにしたほうがいいでしょう。

安定期前の流産の主な原因はお母さん側の問題ではなく赤ちゃん側に何らかの要因があることがほとんどなのですが、もしそうなった時にマタニティヨガをやっていたら、「きっとヨガをしたからなのかもしれない」と自分を責めることになるからです。体が元気でも、妊娠前とは明らかに違うという点は忘れないようにしましょう。

  • このポーズはきついな、と思ったら無理をしない!

DVDやインストラクターの指示通りにやっても、体がきつい、苦しいと感じるときは無理をせず休みましょう

無理をしても体への良い効果は期待できませんし、お母さんが苦しいとおなかの赤ちゃんも苦しいはずです。

マタニティヨガだけでは十分な運動量がないため、運動不足を防ぐにはウォーキングなど心拍数を少し上げる運動も体調と相談しながら行うと良いでしょう。

おすすめマタニティヨガDVD

DVD見ながらできる!マタニティ・ヨガ―安産のために…選べる120分

DVD見ながらできる!マタニティ・ヨガ―安産のために…選べる120分

松本 智子
690円(10/21 13:19時点)
発売日: 2010/04/01
Amazonの情報を掲載しています

体調が良ければ、ヨガ教室のマタニティクラスに通うのがおすすめです。

しかし、妊娠中は外出が億劫に感じることもありますし、DVDだと自分のやりたい時間にすることが出来ますよね。

こちらは、体の気になる不調や、妊娠時期に合わせてポーズを選んで行うことができます。パートナーと一緒にできるヨガも紹介されいるので、旦那さんとのスキンシップにもなりますね。
おすすめポーズを厳選したミニポスターもついているので、これを部屋に張っていたらいつでもやりたい!と思ったときにすぐポーズが取れますよ。

マタニティヨガおすすめポーズ

【キャット&カウ】
キャット&カウ

四つん這いになって、背中を丸めたり反らせたりするポーズ。朝、起きた時にやると背中まわりの筋肉が緩んで体がとても楽に感じます。

【脇腹を伸ばすポーズ】
脇腹を伸ばす

脇腹が伸びるので、お腹周りがとってもすっきりします。妊娠中は、お腹を守ろうとしてお腹周りをあまり動かさなくなるので疲れがたまりやすくなっているはず。
この他にも簡単にできて体がスッキリするポーズがたくさんあります。

体調に気を付けながら、ヨガでマタニティライフを楽しみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告