吐き戻し予防!上手なげっぷのさせ方!

げっぷ後の赤ちゃん
広告

月齢の短い赤ちゃんはミルクを飲んでいても上手く飲めないためお腹の中に空気が溜まりがち

そこで赤ちゃんにはゲップをキチンとさせて上げることがかかせません!

なぜ赤ちゃんはげっぷをさせる必要があるの?

赤ちゃんにげっぷをさせている

新生児はおっぱいやミルクと同時に多量の空気も一緒に飲み込んでしまいます。新生児の胃の形は成人と比べると縦型で胃の入り口の括約筋が弱く、ゲップとして空気が出やすい構造になっています。

では、排気(げっぷ)が必要なのはなぜでしょうか?以下の理由が挙げられます。

  • ミルクをしっかり胃の中に入れて消化吸収させるため
  • 飲んだミルクを吐き戻さないようにするため
  • 気管が詰まり、息苦しくならないようにするため
  • 空気がお腹を圧迫しないようにするため

ミルクを飲ん後にげっぷをしないと、胃は飲み込んだものを貯めきれず逆流が発生し、口から吐き戻してしまいます。そのため、正常にミルクを消化させてあげるにはげっぷが欠かせません。

げっぷ(排気)の手助けはいつまで必要?

ミルクを飲む赤ちゃん

生まれてすぐの授乳から、げっぷをさせることが必要となります。では、この手助けはいつまで行っていけばよいのでしょうか?

赤ちゃんにげっぷが必要な時期は、生後5?6ヶ月頃までと言われています。個人差はありますが、少なくとも首が座るまでは介助が必要となります。首が据わったり、寝返りができるようになったりすると、おなかの中に空気を飲み込んでいても自然と空気が排出されるようになってきて、げっぷをさせなくてもよくなります。

縦抱っこしてあげて、げっぷさせても何も出てこないことが増えたら、げっぷを止めてもいい合図です。

げっぷの性質を知りましょう。

赤ちゃん

げっぷの出し方をお教えする前に、げっぷ=体内の空気の性質を知っておくと、よりげっぷ(排気)が上手にできるようになりますよ。

性質として、空気は下から上に上がっていきます。また、トントンと刺激を与えたり、体位が変わることで空気が動いて上に上にと上がってきやすくなります。

なので、げっぷの際は縦抱きにしたり、上体を起こして行います。また、げっぷが上手く出なかった時も、上半身を高めにしておくことで、自然に空気が上部に上がってきたりします。

上手なげっぷの方法は?

赤ちゃんにげっぷをさせている

新生児の頃は、うまくげっぷができないと吐き戻しが多かったり、おなかがパンパンにはって辛そうだったりと、心配になるものです。げっぷをうまく出してあげるために、いろいろな方法がありますが、そのいくつかをご紹介します。

  • 赤ちゃんの頭を支えてママの肩まで抱き上げ、背中をさすったりトントンと叩いたりする。赤ちゃんが嫌がらない程度に少し強めに叩くのがコツです。
  • ママの膝にお座りをさせた状態で、片方の手で赤ちゃんの顎を少し持ち上げる形で支え、もう片方の手で赤ちゃんの背中をさすったり、トントンと叩いたりする。やや前傾姿勢だと出やすいです。
  • 出ないときはいつもと違う角度からトントンしてみるなどの工夫をしてみましょう。
  • げっぷを出す前に寝てしまうこともあるが、そのままだと寝ながら母乳やミルクを吐き出してしまうこともあるので注意が必要です。

げっぷをしないまま寝ると、げっぷと一緒にミルクを吐いた時、気管に入る可能性があります。 背中に丸めたタオルや傾斜のついた枕を入れて、上半身を高めにしておくか、赤ちゃんの右側が下になるよう、横向きで寝かせてあげましょう。 胃が腸へとつながる出口が右側にあるため、右下にする事でスムーズに消化することができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。