赤ちゃんの体温調節、外出先や室内では靴下はいらない?

赤ちゃんの靴下
広告

赤ちゃん用の靴下って小さくてかわいいですよね。この靴下、きちんとした使い方があるんです。

今回は赤ちゃんの靴下の着用についてご紹介します。

赤ちゃんの靴下

赤ちゃんの体温

赤ちゃんは体温の調節がまだうまくできません。周りの気温に左右されやすく、冬の赤ちゃんの手足は冷たくなっていることが多くあります。「寒くないかな?」「風邪をひかないかな?」と心配になりますが、身体は温かくて赤ちゃんの手足だけが冷たくなるのは普通のことで、異常なことではありません。

赤ちゃんの手足の役割

赤ちゃんの「手足」には体温調節のための大事な役割があります。赤ちゃんは手のひらや足の裏から体内の熱を放熱することで体温を調節しています

そのため、室内にいるときは赤ちゃんに靴下はしない方がいいとされています。

また、素足で感じる刺激によって脳細胞が発達したり、身体が強くなるといわれています。素足で過ごすことは土踏まずの形成にも役立ちます。

さらに具体的に、靴下を使用する必要がないときと使用する必要がある時を紹介します。

靴下を履く必要がないとき

  • 室内で過ごすとき。
  • 背中やお腹などを触って身体が温かいとき。
  • 歩けるようになって室内で過ごすとき。フローリングなどで滑って転ぶ危険があります。
  • 寝るときも必要ありません。身体の温めすぎや熱の放出がうまくいかないことは、乳幼児突然死症候群の要因ではないかといわれています。気温が寒いときはお布団やスリーパーを活用しましょう。

靴下を履く必要があるとき

  • 外出時は靴下は必要です。長く冷たい空気に触れていると身体自体が冷えてしまうからです。気温が低いときは、「ジャンプスーツ」「レッグウォーマー」なども活用しましょう。暑くなりすぎないよう、大人より一枚薄めが目安です。
  • 靴を履くようになってから。靴擦れ予防になります。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。