1~2歳児へ読み聞かせ、お勧めの絵本!

ノンタン
広告

みなさん毎晩お子さんに読み聞かせしていますか?

赤ちゃんの頃から読み聞かせを習慣にしておくと、小学生に上がるころには本好きで国語力があるお子さんに育ちますよ。

せっかく読むなら、きれいな絵と素敵な内容のものがいいですよね。 親子の大切なコミュニケーションの時間に、お母さんもお気に入りの絵本を見つけてみてはどうでしょう? 今回は、1?2歳の子供が喜ぶ絵本をご紹介します。

もこちゃんチャイルド「いただきます。」

いただきます

絵本の中にかわいいタッチの動物さんたちが登場。

ゾウさんやイヌ、うさぎさんたちがそれぞれお気に入りのエサを食べます。エサを食べるページがゾウさんだったら鼻の部分、ウサギさんだったら耳の部分など、それぞれの動物の特徴的な部分に穴が開いていて、子どもが読みながら穴に手を入れて遊ぶことが出来ます。

指を入れるだけなのに、子どもは大喜び。おしゃべりを始める1歳半ごろからは、お母さんが絵本を見ながら「ゾウさんがすきなたべものはなに?」「ウサギさんのすきなたべものは?」と聞いてあげるのもいいですね。

「もっと読んで?!!」と何回もせがまれること間違いなしです。

こどものとも0.1.2「ぺんぎんたいそう」

黄色が印象的なぺんぎんの絵本。

「ぺんぎんたいそう」の動画もあります。お子さんと一緒に体操して運動不足解消にもいいかも!

ぺんぎんが大きく息を吸うところから絵本が始まります。

ぺんぎんの動きに合わせて首を伸ばしたり、うでをパタパタ振ったり、絵本を見ながらぺんぎんと一緒に体操が出来ます。最後はぺんぎんと「おしりふりふり?」。子共が真似すると本当に可愛いんです。

眠る前に読むと、興奮して元気いっぱいになってしまうので、昼間に読むのがおすすめです。

こどものとも0.1.2「ほわほわ」

「ほわほわ」

気になった方はこちらのサイトへ

文章は「ぽこ」「ほわほわ」だけのとってもシンプルな絵本。

淡い色合いの小さい丸が「ぽこ」っと生まれ、それが次のページで「ほわほわ」と大きくなっていく。 ただそれの繰り返しなのですが、子どもは夢中になって絵本にかぶりつくように見ます。

「ほわほわ」が大きくなるにつれて、なんだか子宮の中のようなきれいな色合いに大人も癒されます。

「ぽこ」「ほわほわ」の繰り返しなので、2歳ぐらいからでも1人で読めるようになるのでおすすめです。

ノンタン「おしっこ しーしー」

言わずと知れた、昔から人気のノンタンシリーズの一つです。

トイレトレーニングを始める2歳前後から読むのがおすすめ。 ノンタンの友達がオムツやおまる、トイレでおしっこしていきますが、ノンタンはおもらししてしまいます。

この絵本のいいところは、おもらししても誰も怒らずに、次はちゃんとトイレでおしっこしようね、という流れになっているところ。

最後は、ノンタンが笑いながら自分のおしっこを読み手に披露しているのも可愛いです。 トイレトレーニングを始めたのに、子どもがトイレに行きたがらない時などに読んであげるといいですね。

おすすめの絵本を探すなら検索サイト絵本ナビを使いましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告
広告