Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

トイレトレーニングはいつからがベスト?1歳半から始めよう!

オムツのイラスト
広告

布おむつが主流だった時代と違って今や紙おむつ、紙パンツが主流になりました、その影響なのかおむつはずれもどんどん遅くなっていっています。

2歳のうちにおむつが外れると、意外と支出として大きい紙パンツ代の支出も減って家計も大助かりですね。

3歳になったらトイレトレーニングをしようと考えているお母さん、早いうちに始めたほうがお得ですよ!

無理なくオムツはずれに成功するトレーニングの方法を紹介します。

トイレトレーニングは何歳から始めればいいの?効果的なのやり方は?

なぜ1歳半頃からがいいの?

オムツのイラスト

赤ちゃんは1歳半を過ぎたころから、だんだんと大人の言葉を理解してくると思います。

トイレトレーニングはこの時期から始めるとスムーズに進みやすいですよ。

紙おむつでおしっこやウンチをしたら、「今度はトイレでしようね?」と、トイレはおしっこ、ウンチをする場所ということを認識させます。

「う?ん」と明らかに力み始めたら、パンツを脱がせてすぐにトイレへ連れて行ってあげましょう。

始めの頃はウンチが途中で止まったりしてしまいますが、こうすることで「ウンチはトイレでする」ということを覚えさせます。

ウンチだけでもトイレで出来るようになると親の負担もかなり減りますよね。

2歳になった時にはもうトイレでウンチを出来る子もいるんですよ。

トイレを嫌う子には好きなキャラクターのおまるを!

今は赤ちゃん用品店で様々なキャラクターのおまるや補助便座が売られています。

お子さんと一緒に買い物へ行ってお子さんに選んで貰って好きなものを買ってあげましょう!おまるに座っておしっこが出なくても、まずは「おしっこはパンツでしない」ということが理解できるようになれば大丈夫です。

ボタンを押すと音楽や歌が流れるおまるもあるのでおすすめです。

常に声掛けしてあげる

赤ちゃんと母親
トイレトレーニングは親の声掛けがとても大切。

おしっこ、ウンチしたくなったら教えてね。」「今からお出かけするからその前にトイレへ行こうね。」と言ってあげると、お子さんも「おしっこ、ウンチはトイレでしないといけない」と理解できますし、なにより声掛けしてあげることでちゃんと愛情を注いでもらえているという安心感にもつながります。

失敗が続いて当たり前のトイレトレーニングなので、失敗してもお子さんを叱ったりせずに、パパやママも無理せず子供の成長を見ながら進めていきましょう。

大人の言っていることが理解できるようになったら始め時!

おうちにいるときはノーパンで過ごす

これはかなり手荒なやり方かと思うかもしれませんが、意外と効果があるので試しにやってみてください。

パンツをはいていると「いつでもパンツにおしっこできる」という安心感からか、おしっこが出ると分かっていても何も言わずにそのままパンツでおしっこをするのが癖になりがちです。

でもノーパンだとおしっこが出て濡れてしまうという感覚が分かるので、おしっこが出そうになったら教えてくれるようになります。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告