2017年版、間違いないおすすめのベビーカー!人気のポイントや選びのポイントまとめ

広告

ママが使うことが多いベビーカーはいろいろな用途に使えたり、小回りがきいて段差も楽々と超えれるような機能面も気になるところですよね。

そんなベビーカーを購入する時に気をつけるポイントを紹介します!

A型B型などベビーカーのタイプ

ベビーカーは日本の規格SG(安全基準)が定めた規格の「A型」と「B型」の2タイプにバキーを追加した全3タイプがあります。

SGマークは財団法人製品安全協会が認証していて、ベビーカーに関して非常に厳密な安全基準を設けています。

<A型とは>
生後0~1ヶ月の新生児期で首がすわらない赤ちゃんも使用出来て、最大生後48ヶ月まで使用可能

<B型とは>
生後7~9ヶ月の腰が座ってきてお座りができる頃から使用出来て、A型と同じく最大生後48ヶ月まで使用可能

<バキーとは>
最近ではたまに見かけるようになった3輪タイプでA型B型とは別

海外ブランドの商品はほとんど「A型相当」「B型相当」という呼び方がされています。

ベビーカー選びのポイント

ベビーカーの購入ポイントはこちら!

  1. 操作性
  2. 本体の軽さ
  3. 折りたたんだ時のサイズ
  4. 乗り場のクッション性

他にも二人乗りタイプだと「縦型」「横型」などがポイントになります!

操作性

ベビーカーなんてどれでも一緒!?と思っていましたが実際に使ってみて比べてみた結果ビックリしたのが操作性の差!

ベビーカーは安いものから高いものまで様々にありますが5万円など高価なタイプは流石に値段が違うだけあって操作性が素晴らしいです

我が家では1万から2万ぐらいの4輪タイプを使用していましたが

たまに見かける3輪の高価なタイプが気になったのでお店で試しに使ってみたんですが操作性が別物でした・・・

本体の軽さ

ベビーカーは結構荷物になるので、重いと持ち運びが大変!

車に積んで移動することもあるので、出し入れの際には軽いものが便利です。

折りたたんだ時のサイズ

自宅などでベビーカーを保管をする時に玄関先などに置いたりするかと思いますが思ったよりサイズが大きくて出入りするのに邪魔になったり

クルマにベビーカーを載せて移動する時に場所をとったりします。

なるべくコンパクトな方が良いですがコンパクトなものほど小機能なものが多いので一概に小さいほうが良いとは言えません。

乗り場のクッション性

赤ちゃんが乗る部分のクッション性は意外とベビーカー毎に違います

先程上げましたコンパクトなものほどクッションが弱い事が多く気をつけて下さい

最近は赤ちゃんの頭部をしっかりと守るために機能が付いたものなども出ていますのでおすすめです。

オススメの1人用ベビーカー7選!

[コンビ] カルディア

オート4キャス

こちら何が素晴らしいと言ってもオート4キャスこちらです!

実際に使ってみるとわかりますがベビーカーに載せた赤ちゃんがママが見えなくて泣く場合があります。

そんな時にベビーカーは持ち手を逆にすることが可能になっていますが、実はこの逆の持ち手にした時に凄くベビーカーが操作しにくくなります。理由は簡単で曲がることの出来るキャスターが本来と逆になるからです。

オート4キャス

こちらの商品は持ち手を逆にした時に自動的に方向転換するローラが前に移動してくれるので使いやすくなっています。

本体重量

重さは5.8kgと軽量を謳っている商品に比べては軽くはありません。最近の環境的にベビーカーを持ちあげなければいけないシーンは少なくなっているので重さはそこまで気にする必要は無いと思います。

キャスターのサイズ

一般的なサイズなので2cmぐらいある段差を超える場合にはちょっと前輪を浮かせないといけません、そこは更新のフレームをちょっと足で押しながら持ち手を引いて上げれば上がりますので毎回手で浮かす必要はありません。

[コンビ]メチャカル ハンディ エッグショック

メチャカル 4.2kg

メチャカルの名が示す通り4.2kgと軽いです。ベビーカーの中には2kg台のものもありますがそう言ったものは簡易的なベビーカーであり多機能ではありません。多機能なベビーカーの重量は6kg台なものが多く約1kg強も軽いのです。

たかが重さされど軽さ、毎日使うものに対する項目としては機能も重要ですが重量も重要です。

コンビ メチャカル

エッグショック

またエッグショックと言う赤ちゃんの大事な頭を守る機能が搭載されています。

赤ちゃんの「やわらかい頭」を守る、洗えるWエッグショック
卵を落としても割れないほどの衝撃吸収素材を搭載。
洗えて通気する素材へさらに進化。
清潔で快適なクッションです。

赤ちゃんは頭が成長しきっていないので振動などに弱い状態です。そしてベビーカーは意外と赤ちゃんの振動が大きいです。そんな赤ちゃんの頭を守ってくれる素晴らしい機能ですね。?

[コンビ] ベビーカーEX マルチ5ウェイ

5ウェイ

ベビーカー一台で5役をこなせます。なかなか1台5役が出来るベビーカーは無いですよね。

特にこれがあると嬉しい!と思える使い方として、急に必要になった際のベビーシートは活躍する場面がありそうですね。意外と出番が無さそうに見えるですが急なベビーシートとしての使いみちってあるんですよね。

ベビーカー5役
  1. ベビーカーシェルモード
  2. ベビーカーフラットシートモード
  3. セカンドベビーカー
  4. ベビーシート
  5. ベビーキャリ&ロッキングチェア&ラック

重さ

多機能タイプとしては軽量な3kgとなっております。

3つのモードのベビーカー、ベビーシート、キャリー&ラックと1台で5役をこなすマルチタイプビークル。
車の中で寝てしまった赤ちゃんも、起こさずそのまま移動できます。成長と生活のシーンに合わせて5つのスタイルに変化できるのが最大の特長です。(コンビHPより)

[アップリカ] ハイシートベビーカー

サスペンション

機能の一つとして重要視したいポイントとなるサスペンション、ちょっとした凸凹道や砂利道をベビーカーを押す時にガタガタ揺れてしまって赤ちゃんには乗り心地が悪い事があります。そんな問題を解決してくれるのがサスペンションです。

ちょっとの段差などはこのサスペンションが衝撃を吸収してくれるのでリラックスして乗れます。

サスペンション付きベビーカー

重さ

こちらは5kgと2位・3位のコンビ メチャカルに比べて0.2kg程度重くなっております。0.2kgを大きい差と見るか小さい差は個人の感覚なので一概には言い難いですが重いより軽い方が嬉しいのは間違いないです。

赤ちゃんの座る位置

53cmと一般的なベビカーに比べて高くなっています。高さが高いほどママとの目線が近くなりますので安心ですね。?

[アップリカ] ラクーナライト

重さ4.9kg 両対面対応

生後1か月から使用できます。人気のアップリカのベビーカーです!

軽量なのにしっかりボディ。ハイシートはもちろん、振動を吸収するフレーム構造、ムレにくく、肌触りのよい洗えるインナーシートで乗り心地も快適。
抱っこひもをセットできる「キャリートラベルスシステム」対応の軽量タイプ。乗せかえスムーズ。安心、快適、スムーズなおでかけを実現。(アップリカHPより)

[アップリカ] マジカルエアー2015

重さ2.9kg

生後7か月から使用可能。ハイシートベビーカーで一番軽い!

買い替えやセカンド使用ならコレ!!持ち運びも片手開閉も楽々。

軽いのにしっかりボディで赤ちゃんへの振動を抑えてくれるので乗り心地も快適です。

[ピジョン] ランフィ

5.4kg 両対面

生後1ヵ月から使用可能。

軽量、ハイシート、ショックレスボディ、通気性がいい、洗えるシート、タイヤ大径16.5cm、オート4輪切替、中空シングル構造、スイング式サスペンションと、多機能ベビーカー!

大きなシングルタイヤなので段差も楽々です。

オススメの2人用ベビーカー5選!

2人乗り用のベビーカーにもいろんな種類のものがあります。それぞれの特徴別に、おすすめのベビーカーをご紹介します!

1.横並びタイプ

有名メーカーのコンビの二人乗りベビーカーで安心快適なつくりのベビーカーです!割引価格でコスパよしのベビーカーです!双子さんや年子さんにオススメ!

  • 対象年齢:1ヶ月?36ヶ月、推奨最高体重15kg
  • スッキリコンパクトにたためる3つ折り収納
  • ひとつのブレーキで簡単連動ブレーキ
  • それぞれのシートは独立してリクライニング可
  • 大型車輪でスムーズな操作性
  • 重量13kg

2.縦並びタイプ

軽量コンパクトな縦並びタイプのベビーカーです。前後で対象年齢が異なります。年子さんや二人目ママにおすすめのタイプです!

  • 対象体重:【前席】 月齢 6ヶ月~、体重 ~18kg 【後席】月齢 3ヶ月~、体重 ~18kg
  • 縦並び式で、横幅は駅の改札も通り抜けられる程度
  • 折りたたみ時もコンパクト
  • 前後のシートはそれぞれリクライニング可能
  • 専用レインカバー(UV加工)つき
  • 重量9.8kg!

3.縦並び3輪バギータイプ

2人用ベビーカーでは珍しい3輪バギータイプ!全体的にコンパクトで機動性抜群!年子さんや二人目ママにおすすめの高機能ベビーカーです!

  • 対象年齢:【前席】月齢6ヶ月~、体重~25kg【後席】新生児~、体重~15kgまで
  • 空気タイヤ(エアタイヤ)で段差も楽々、片手でも操作可
  • 空気タイヤで振動を軽減し、赤ちゃんへの負担をなくす
  • 前席は25kg、後席は15kgまで
  • 手を離すと自動ブレーキがかかるオートストップ機能つき
  • 付属のダブルキットの付け替えで1人用にも2人用にも、対面式にもチェンジ可能
  • 重量12.5kg

4.縦並び対面タイプ

前向きや兄弟対面など自由に変えれる2人乗りベビーカー!折りたたみもコンパクト!

  • 対象年齢:新生児?体重8kgまで?(キャリーコット使用時)、6ヶ月位?体重15kgまで?(スポーツシート使用時)
  • 総重量17.3kg?(スポーツシート2台込)
  • ワンタッチでハンドルの高さ調節が可能
  • 大型4輪タイヤで移動がスムーズ
  • 各シートリクライニング可
  • 折りたたみがコンパクト

対面状態の画像がこちらです

ZOOM デザート

5.後部にステップありタイプ

上のお子さんが2歳以上であればステップ付きのベビーカーもオススメですよ!

  • 対象年齢:【前席】6ヶ月頃?(102cmまで)【後席】2歳半?5歳頃(112cmまで)、適応体重:約20.4kgまで
  • 重量約11kg
  • 後部席は対面で座ることも可能(ベルト付き)
  • ステップや手すり付きで立ち乗り可能
  • 後部席は5歳頃まで乗れるので大きなお子さんでも一緒に使える

実際にステップに乗っている状態の画像がこちらです

スタンド付きベビーカー

ベビーカーと同時購入すべきオススメグッズ

荷物フック

これはワタシも断言します、赤ちゃんを連れて外出時にこれが大活躍します!

スーパーに行った時にペットボトルやパックの飲み物など購入しませんか?普通に持って帰る事は不可能では無いかもしれませんがこのフックがあるだけで楽ちんになります。楽になる上にベビーカーを常に両手で押すことが出来るので安心して移動が出来るので必ず購入をオススメします。

※なおフックに重いものを掛けたまま赤ちゃんを抱き上げるとベビーカーが後ろに倒れるんでご注意下さい。

ブランケットクリップ

こちらも冬など寒い時期には必須です。

母乳からミルクや離乳食に移行した赤ちゃんは風邪を引きがちです。そんな時期にベビーカーで風を全身で受けると心配ですよね。そんな時にブランケットを全面にかけて挙げれるだけで赤ちゃんは寒い思いをせずに済みます。

レインコート

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告