Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

赤ちゃんのためにウォーターサーバで安心安全なミルク作りをしましょう

広告

1日何度も作らなければいけない、赤ちゃんのミルク作り。
お腹を空かせてギャン泣きしている赤ちゃんを抱っこして、ミルクを作るのは本当に大変ですよね。

できれば、もっと楽にミルクを作りたい!
そこでおすすめなのが、ウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーの水は、赤ちゃんにそのまま与えられる安全な水なので、沸騰させる必要がないんです。

これ以外にも、ウォーターサーバーで安心安全なミルク作りができる理由があるんですよ!

今回は、安心安全なミルク作りをウォーターサーバーで行なえる理由をご紹介いたします。

赤ちゃんのミルク作りはウォーターサーバーが良い理由

赤ちゃんのミルク作りって工程が多いんですよね。
お湯を沸かして、ミルクを作って、冷ましてやっと赤ちゃんに飲ますことができます。

お腹が減った赤ちゃんは泣きながら待たなければいけませんし、あやす大人も大変です。

そこで、ウォーターサーバーを使ってミルクを作れば、これらの悩みが解決するんですよ!
それでは、赤ちゃんのミルク作りは、ウォーターサーバーが良い理由をご紹介いたします。

安全な水だから沸騰させなくて良い

ウォーターサーバーの水は、製造の段階で不純物や雑菌を取り除き、さらにろ過・沈殿・沸騰させているので、ウォーターサーバーから出した水をそのまま赤ちゃんに飲ますことができます。

メーカーによって異なりますが、冷水は約5度、温水は約80~90度のお湯が出るんです。
80~90度のお湯は、赤ちゃんのミルクを作る温度に最適!

ミルクを溶かして、冷水を加えるだけですぐに赤ちゃんに飲ますことができますよ!

<RO水だとより安全>

「RO水」とは、逆浸透膜(RO膜)と呼ばれる、1/10,000,000ミリの超微細孔のフィルターを通してろ過した水のことです。

この超微細孔フィルターで、雑菌や放射性物質などの様々な不純物を取り除き、可能な限り水しか含まないピュアな水が完成します。

意図的にミネラルなどを添加していないRO水は、赤ちゃんのミルクに含まれる栄養素以上に栄養を加えずに済むので、赤ちゃんのミルク作りに最適なんですよ!

買いに行かなくても届けてくれる

赤ちゃんとの買い物は大変ですよね。
赤ちゃんを抱っこしたり、ベビーカーを押しながら、重たい水を買うのは本当に大変。

でも、ウォーターサーバーなら自宅まで専門業者が配送してくれるんです!
メーカーによっては、配送料が無料のところも増えてきているので、助かりますね。

放射性物質検査を行なっている

大手ウォーターサーバーメーカーの「クリクラ」「コスモウォーター」などでは、定期的に放射性物質検査を行なっています。

採水した原水から、製品化された水まで検査を行なっていて、今まで一度も放射性物質が検出されたことはありません。

3.11以降、私達は食材や水などの口に入る物の安全性に過敏になっています。

大切でまだか弱い赤ちゃんに飲ます水だからこそ、しっかり放射性物質の検査を行なった、安心安全な水を飲ませたいですよね!

新生児のミルクはウォーターサーバで作っても大丈夫?

チャイルドロック機能でやけど防止もできる!

ウォーターサーバーの誤作動や乳幼児のイタズラで、子供がやけどを負う事故が多発しています。

ハイハイやズリ這い、つかまり立ちを始めると、ウォーターサーバーは一気にあぶない凶器になります。

しかし、各メーカーもこれらの自己を受け、チャイルドロックを冷水・温水共に設置するようになってきました。

上記のメーカーは、チャイルドロックがしっかりしています。
2歳前後になると、子供にも知恵が付くようになるので、甘いチャイルドロックだと簡単に解除するようになるんです・・・。

しっかりとしたチャイルドロックを搭載しているウォーターサーバーを選ぶようにすることで、赤ちゃんのやけどによる事故を防ぐことができますよ!

ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る方法

とっても便利で、赤ちゃんのミルク作りに適しているウォーターサーバーですが、どうやってミルクを作るのでしょうか?

その詳しい方法を見ていきましょう。

ウォーターサーバーでミルクを作ろう

赤ちゃんはまだ免疫力が大人のようにありません。
ミルクを作る前は、必ず哺乳瓶を消毒して、手をしっかりと洗うようにしましょう!

<ミルクの作り方(100mlの場合)>

  1. 哺乳瓶に100ml分のミルクを入れます。
  2. ウォーターサーバーのい湯を、哺乳瓶の2/3程度入れます。
  3. 乳首とキャップを装着し、哺乳瓶をよく振って溶かします。
  4. 冷水を全量が100mlになるまで加えます。
  5. 人肌に冷まして、赤ちゃんに与えます。

ウォーターサーバーは約80~90度の温度を一定で保っています。
そのため、いつでもミルクが必要なときにお湯を使うことができます。

ヤカンなどでお湯を沸かしてからミルクを作ると、温度が高すぎて栄養価が壊れてしまったり、冷めるまで時間がかかってしまいます。

ウォーターサーバーの水とお湯を使うことで、とっても効率的に赤ちゃんのミルクを作ることができますよ♪

まとめ

赤ちゃんのミルク作りに、ウォーターサーバーが適している理由は・・・

  1. 赤ちゃんにもそのまま飲ませられる安全な水
  2. 自宅まで届けてくれる
  3. 放射性検査を行なっている
  4. チャイルドロック機能でやけどを防止できる

ウォーターサーバーから出した水やお湯は、安全な水なので赤ちゃんにそのまま与えることができます。

お湯を沸かしてミルクを作るのが大変だと感じたら、ウォーターサーバーの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告