Amazonサイバーマンデー開催中
ベビー用品もセール対象

12月11日(月)23:59まで!!

ウォーターサーバーのお湯でミルクを作っても大丈夫?ウォーターサーバーの安全性とお手入れ方法・ミルクの作り方

広告

赤ちゃんのミルク作りは、お湯を沸騰させて、お湯を冷ましてからミルクを溶かして、さらに冷まさないといけないので、赤ちゃんに飲ますまでとても時間がかかりますよね!

特に夜中の授乳の際は、ミルクの調乳がお母さんやお父さんのストレスの原因にもなっているのではないでしょうか。

実は、ウォーターサーバーを使えば、粉ミルクを作るのに1分しかかからないんです!
でも本当にウォーターサーバをミルクに使っても大丈夫なの・・・?赤ちゃんはカラダが強くないので色々と不安になりますよね

  • ウォーターサーバーの水やお湯って、沸騰させてないけどミルクを作っても大丈夫なの?
  • ウォーターサーバーの水の安全性は大丈夫なの?
  • ミルクの作り方は?
  • お手入れの方法はどうすれば良いの?

などの不安がよぎってしまい、ウォーターサーバーの水やお湯を使うことに抵抗がある人が多いと思いますが
実はウォーターサーバーの水は、水道水やミネラルウォーターより、とても安全性が高いんです!

今回は、ウォーターサーバーの水でミルクを作っても大丈夫な理由を詳しくご説明いたします。

ウォーターサーバーでミルクを作っても大丈夫なの?

テレビCMや、雑誌で見かけることが多くなってきた「ウォーターサーバー」
お湯と水がすぐに出せるとあって、世代を問わず様々な家庭で愛用されています。

子育て世代が気になるのは、「ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを調乳しても大丈夫なのか。」ではないでしょうか。

結論から言えば、ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作っても大丈夫ですよ!

どうして大丈夫なのか、その理由と日ごろのお手入れのやり方を詳しくご説明いたしましょう。

ウォーターサーバーのお湯を沸騰させなくても良い理由

粉ミルクを作る時は、お湯を沸騰させて作るのが常識
これは、水道水やミネラルウォーターに含まれる細菌を沸騰することで殺菌する目的があるからです。

大人は問題なくても、ミネラルウォーターなどの水に含まれる微量な細菌が、免疫力の低い赤ちゃんには危険なんですね!

メーカーにもよりますが、「フレシャス」「サントリー天然水サーバー」「コスモウォーター」などの大手メーカーのウォーターサーバーでは、天然水をろ過・沈殿(除菌)・加熱殺菌することで、不純物を除去して製造されています。

また、ウォーターサーバーのお湯は、約80~90℃であることが一般的なので、WHO(世界保健機関)が推奨している、70度以上のお湯でミルクを調乳することが出来ます。

粉ミルクの中にも雑菌が存在しています。
その雑菌を殺菌するために、70℃以上のお湯が必要なんですね!

大手のウォーターサーバーは、赤ちゃんのミルク作りに必要な水の安全性も、温度もクリアしているので、安心して調乳することが出来ます。

ウォーターサーバー本体のお手入れは必要不可欠!

お湯も水もすぐに出せるので、ミルク育児中は本当に助かるウォーターサーバー。

しかしお手入れを怠ると、雑菌が繁殖して不衛生な水やお湯が出てしまうので、日ごろのお手入れは必要不可欠なんです!

麻布大学の教授が、『現在運用されている、ウォーターサーバーの中の3割程度は、水道水のそれより細菌の数が多い』と調査報告されました。

ウォーターサーバーの水はろ過・沈殿(除菌)・加熱殺菌しているので、安全性がミネラルウォーターや水道水より高いのですが、ウォーターサーバーのお手入れには常に気を使う必要があります。

多くのウォーターサーバーメーカーでは、年に1回本体を回収してメンテナンスしてくれるますが、それまでのお手入れは自分で行う必要があります。

ウォーターサーバーでミルクを作る方法

ウォーターサーバーの水とお湯は、除菌・加熱殺菌して製造されているので、新生児でも安心してミルクを作ることが出来ます。

温度調整も簡単なので、夜中の授乳の時に助かりますよね!
時間にして約1分でミルクが出来上がります。

それでは、詳しい作り方をご説明いたします。

  1. 哺乳瓶とミルクを用意し、必要な分量の粉ミルクを哺乳瓶に入れます。
  2. 哺乳瓶にお湯を注いで、軽く振りながら粉ミルクを溶かします。
  3. 粉ミルクが解けたら、冷水で温度調整します。
  4. 乳首部分をセットすれば完成です。

まとめ

免疫力の低い赤ちゃんのミルク作りは、お湯を沸騰させて作るのが常識ですよね!
これは、水道水やミネラルウォーターに存在する微量の細菌を殺菌する目的で言われています。
また、粉ミルクの中にも細菌が存在しているので、WHO(世界保健機構)では70度以上のお湯でミルクを調乳するように推奨しています。

ウォーターサーバーの水は、ろ過・沈殿(除菌)・加熱殺菌の3つの工程を経て製造されているので、とても安全性が高い水です。
ウォーターサーバーの多くは、お湯の温度が約80~90℃あるので、WHOが推奨する調乳温度を満たすことが出来ます。

とっても便利なウォーターサーバーですが、日ごろのお手入れは必要不可欠です。
最低でも水を交換する時に手入れをして、汚れをしっかりと取り除きましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! をお願いします

広告